2024年 5月 19日 (日)

アイドル提供楽曲が別人名義で無断使用 作詞作曲しほり勝訴も事務所対応なし...代理人弁護士に聞く刑事告訴の見通し

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   女性アイドルグループに楽曲を無断使用されたと1年前に訴えたシンガーソングライターのしほりさんが、訴訟にも勝ったものの所属事務所が何も対応しないとして、刑事告訴の構えを見せている。

   一体どんな状況になっているのか、しほりさんの代理人弁護士に取材して話を聞いた。

  • 楽曲無断使用を訴えたしほりさん(インスタグラムshihori94から)
    楽曲無断使用を訴えたしほりさん(インスタグラムshihori94から)
  • 楽曲無断使用を訴えたしほりさん(インスタグラムshihori94から)

「別人名義の作詞作曲によるグループの曲としてリリース」

   しほりさんは、女性アイドルグループ「Buono!」が歌う「初恋サイダー」の作曲で知られ、水樹奈々さん、ももいろクローバーZなどへの楽曲提供も行っている。

   しほりさんの公式ツイッターによると、ある女性アイドルグループに自身が作詞作曲したデビュー曲を提供したが、グループの所属事務所は、しほりさんが著作権管理を委託している日本音楽著作権協会(JASRAC)との契約を拒否し続けた。

   2021年6月になって、所属事務所がしほりさんにお金を支払わないまま、別人名義の作詞作曲によるグループの曲として公表してリリースしたことが分かり、しほりさんは、ツイッターで怒りを露わにした。

   このときは、グループ名などを明かさなかったが、22年6月3日になって、「青空のプラネタリウム」に提供した楽曲「アステリズム!」だったとツイッターで明かした。この曲は、チバテレビで放送されたバラエティ番組「AKB48のナイショ哲学」のエンディング曲にも使われていた。

   ツイートでは、東京地裁に提訴した結果、地裁がしほりさんの主張を全面的に認めて勝訴し、判決は5月6日に確定したと報告した。著作者人格権の侵害による損害賠償や楽曲利用の差し止め、公式サイトでの謝罪がその内容だった。所属事務所側は、裁判に出廷せず、15分で判決が出たという。

   ところが、青空のプラネタリウムは突然、活動を停止し、5月1日からグループ名を「NSTAR」に変えて活動を再開した。所属事務所の名前も、楽曲のリリース直前に「Ready株式会社」から「MILENIA株式会社」に変わっていたという。

   しほりさんは、グループを紹介してもらったプロデューサーがいる音楽出版社を通じて再三協議を要請したが、所属事務所側は、これに回答をせず、沈黙したままだという。謝罪などはなく、「アステリズム!」のリリースを現在も続けているため、弁護士と相談して刑事告訴の準備を進めていると明かした。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中