2024年 4月 14日 (日)

「モンスターは現時点で無敵」 ドネア戦、米誌20人全員「井上尚弥勝利」支持...13人がKO予想

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   プロボクシングの世界バンタム級3団体王座統一戦が2022年6月7日にさいたまスーパーアリーナで行われる。WBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋、29)がWBC世界バンタム級王者ノニト・ドネア(フィリピン、39)と対戦する。

  • 健闘を誓う井上とドネア(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
    健闘を誓う井上とドネア(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
  • 健闘を誓う井上とドネア(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)

「井上は非常に手強いファイター」

   19年11月以来のリマッチは世界的に大きな注目を集め、ボクシングの本場・米国でも熱視線が注がれている。米国の権威ある老舗専門誌「ザ・リング」(WEB版)は6日に井上対ドネア戦の特集記事を組み、その中でWBO世界バンタム級王者ポール・バトラー(英国、33)を含む20人の識者が勝者を予想した。

   同誌は井上VSドネアの初戦を高く評価し19年の年間最高試合に選出。また、同誌が作成するパウンド・フォー・パウンド(PFP=階級の壁を越えた最強ランキング)で井上は現在3位にランクインしており、ドネア戦の内容次第ではランクアップの可能性もある。

   今回記事の中で勝者を予想した20人全員が井上の勝利を支持した。そのうち13人が井上のKO勝利を予想しており「前哨戦」は井上の圧勝となった。

   井上の判定勝利を予想したディエゴ・モリーラ氏は「井上は非常に手強いファイターであり続けているため、ドネアが初戦で見せたパフォーマンスに近付くには最高のドネアが必要だ」などと説明した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中