2024年 4月 20日 (土)

井上尚弥を「倒せるとすればカシメロ」 元世界2階級王者が実力称賛「戦いづらい相手」...地元報道

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロボクシングの元WBO世界バンタム級王者ジョンリル・カシメロ(フィリピン、33)がSNSでWBA、IBF、WBC世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋、29)を挑発したと2022年6月9日に地元メディアが伝えた。

  • カシメロ選手(写真:ロイター/アフロ)
    カシメロ選手(写真:ロイター/アフロ)
  • カシメロ選手(写真:ロイター/アフロ)

「正直なところカシメロは戦いづらい選手だ」

   フィリピンメディア「ABS-CBN」(WEB版)は、「カシメロは井上に『またな』と言った」とのタイトルで記事を公開し、カシメロがSNSの動画を通じて井上に挑戦的なコメントを繰り返したことを伝えた。

   同メディアによると、カシメロは井上に対して「お前はこの階級で最強じゃない。バンタム級で誰が最強なのか知ってるか?クアドロ・アラス(カシメロの愛称)以外に誰もいない」との言葉を投げかけた。

   また、同メディアはフィリピン出身の世界2階級制覇ジェリー・ペニャロサ氏(49)のコメントを紹介。ペニャロサ氏は97年にWBC世界スーパーフライ級王者・川島郭志(ヨネクラ)に挑戦し僅差判定で王座を獲得。07年にはWBO世界バンタム級王座を獲得している。

   ペニャロサ氏は記事中で「井上を倒せるフィリピン人がいるとすればカシメロだと思う。多くの人が私に反対することを私は知っているが、正直なところカシメロは戦いづらい選手だ。彼は経験があり、強く、賢い」などと語った。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中