2024年 6月 17日 (月)

「2歳若い日本に敗れた」韓国、アジア杯完敗に地元メディア嘆き 「無気力の末恥ずかしい3失点」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   サッカーのU-23(23歳以下)アジアカップ準々決勝が2022年6月12日、ウズベキスタン・タシケントで行われ、日本が韓国に3-0で快勝し4強入りを決めた。準決勝は開催国のウズベキスタンと対戦する。

  • 鈴木唯人選手(写真:Victor Fraile/アフロ)
    鈴木唯人選手(写真:Victor Fraile/アフロ)
  • 鈴木唯人選手(写真:Victor Fraile/アフロ)

鈴木の2ゴールでライバル対決に快勝

   24年パリ五輪を目指すU-21(21歳以下)代表で挑んだ日本は、前半23分にFW鈴木唯人(清水エスパルス、20)がゴール中央のFKを決めて先制。後半20分にはFW細谷真大(柏レイソル、20)が2点目を挙げ、同35分に再び鈴木がゴールを決めて試合を決定付けた。

   U-23世代で編成された韓国から3つのゴールを奪って完封勝利。サッカーにおいて長年のライバル関係にある韓国では、各メディアが日韓戦の結果を速報で伝え、悲観的な報道もみられた。

   韓国の主要メディア朝鮮日報(WEB版)は、「U-23韓国はU-21の日本に敗れた」などのタイトルで記事を公開し、試合内容に触れつつ前回覇者である自国チームの不甲斐ないプレーを嘆いた。

   記事では、宿命のライバル日本に完敗して8強から脱落したとし、日本は2年後の2024パリオリンピックを狙ったU-21代表チーム選手たちだったため、より衝撃的な結果を受け入れなければならなかったと指摘した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中