2024年 5月 25日 (土)

日ハム・清宮は打率.320、HR40本打てる OBが大胆予想、覚醒に必要な要素は?

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   プロ野球日ハムの元選手で野球解説者の森本稀哲氏(41)が2022年6月13日放送の「ひちょりのWA!!」(STVラジオ)に出演し、セ・パ交流戦で好調だった清宮幸太郎内野手(23)について言及した。

  • 清宮幸太郎選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    清宮幸太郎選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 清宮幸太郎選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

森本氏「まだまだ受け身になっている」

   セ・パ交流戦18試合に出場した清宮は、62打数20安打で打率.323、3本塁打、6打点を記録。出塁率と長打率を足したOPSは.991で、打率は12球団の中で9位だった。

   番組で清宮の活躍に触れた森本氏は「数字で見たら改めて交流戦でしっかり打ったんだなという風に感じます。でもこんなものじゃないですからね。僕の中の清宮幸太郎は、いま出ている数字の3倍、4倍でかい野球選手だと思っている」と独自の見解を示した。

   清宮は昨季、プロ入り4年目にして初めて1軍出場なしでシーズンを終えた。新たに新庄剛志監督(50)が指揮を執る今季は出場機会に恵まれ、セ・パ交流戦を含めて56試合に出場し、打率.255、7本塁打、17打点の成績を残している。

   森本氏は「今年もチャンスもらって打席に立っているがまだまだ受け身になっている」と指摘し持論を展開した。

「(相手投手が)『ここは一発食らいたくないな』とかわされる時はあるが、村上(宗隆=ヤクルト)選手みたいに『毎打席やられるかも』というピッチャーの緊張感が全然ない。幸太郎には絶対そういう選手になってほしいし、なれると思う」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中