2024年 4月 21日 (日)

参院選前に「聞く力」再アピール? 首相会見の時間延び、「メール質問」も復活

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   岸田文雄首相は2022年6月15日夕、通常国会の閉会を受けて首相官邸で記者会見を開き、参院選(22日公示、7月10日投開票)の勝敗ラインについて「非改選の議員も含めて与党で過半数」だと述べた。

   首脳会談にともなうものを除けば、 岸田氏が首相官邸の会見室で記者会見を開くのは4月26日以来、1か月半ぶり。前回よりも会見時間は延び、質問できなかった記者の質問をメールで受け付ける運用も復活した。参院選を控え、衰えが指摘されていた「聞く力」の復活をアピールする狙いもありそうだ。ただ、会見を打ち切ったこと自体に引き続き批判が出ており、アピールも道半ばだ。

  • 記者会見する岸田文雄首相。記者会見は約1時間で打ち切られた
    記者会見する岸田文雄首相。記者会見は約1時間で打ち切られた
  • 記者会見する岸田文雄首相。記者会見は約1時間で打ち切られた

メール質問断られた道新「説明に消極的な岸田政権の姿勢があらわとなった」

   岸田氏が会見室で開く会見の多くは1時間程度続く。だが、4月26日の記者会見は41分52秒で終了(官邸ウェブサイトの動画の長さでカウント)。報道各社による「首相動静」によると、会見の次の日程は、東京・芝公園の東京プリンスホテルで「茂木派のパーティーに出席し、あいさつ」だった。司会役の内閣報道官が会見を打ち切る際は、指名されなかった記者の質問はメールで受け付けることをアナウンスするのが通例だ。この日はそれもなく、それでも4社が質問を申し込んだが断られた。松野博一官房長官は4月27日の記者会見で、その経緯について

「総理会見後の書面質問を受け付けるかどうかは記者会見の状況および業務の状況等を勘案して、その都度判断をしている」

などと答弁した。

   質問を断られた4社のうち1社が北海道新聞で、4月28日の朝刊で

「大型連休中の首相の外遊に向けた準備で対応が難しいとするが、説明に消極的な岸田政権の姿勢があらわとなった」

と批判していた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中