2024年 6月 14日 (金)

カシメロ戦は「井上尚弥にとって利益がない」 地元メディア辛辣...「全てをぶち壊した」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   プロボクシングの世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋、29)との対戦を要求している元WBO世界バンタム級王者ジョンリル・カシメロ(フィリピン、32)を地元フィリピンメディアが一刀両断した。

  • カシメロ選手(写真:ロイター/アフロ)
    カシメロ選手(写真:ロイター/アフロ)
  • カシメロ選手(写真:ロイター/アフロ)

「唯一の切り札である世界タイトルを失った」

   フィリピンメディア「マニラタイムズ」(WEB版)は2022年6月17日にカシメロの特集記事を公開し、カシメロがSNSで井上戦を要求していることや世界王座を失った経緯などを伝えた。

   記事ではカシメロは世界4団体王座統一を目指す井上の対戦相手となるはずだったが、2度にわたる試合のキャンセルで井上戦に向けて交渉上の唯一の切り札である世界タイトルを失ったと指摘した。

   また、カシメロは王者時代から井上との対戦を呼びかけ、井上がドネアを下した後も対戦を要求しているが、井上陣営はカシメロの容赦ない挑発に関心を示さなかったとし、「世界王座を失ったカシメロ戦は井上にとって利益がない」と厳しい論調で元王者を評した。

   一方で井上が対戦を切望しているのはカシメロではなくWBO王者のポール・バトラー(英国、33)であると指摘。そしてバトラーも井上に興味を示しており今年10月の対戦が見込まれているとした。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中