2024年 2月 25日 (日)

大泉洋の兄に「函館市長選出馬」報道 「身内に芸能人」なら有利?識者に聞いた

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   2023年春に行われる函館市長選に、同市保健福祉部長の大泉潤氏(56)が立候補する意向だと報じられた。弟は北海道で絶大な人気を持つ俳優・大泉洋さん(49)とあって、選挙戦への影響が注目されている。

   実は、家族の中に著名な芸能人が居ながら、市長になった政治家は他にもいる。身内に芸能人がいることは、選挙を戦う上でアドバンテージとなるのだろうか。選挙に詳しい識者に見解を聞いた。

  • 兄の函館市長選出馬意向が報じられた大泉洋さん
    兄の函館市長選出馬意向が報じられた大泉洋さん
  • 函館市長選への立候補意向が報じられた大泉潤氏(函館市地域交流まちづくりセンターの2022年1月発行の広報紙より)
    函館市長選への立候補意向が報じられた大泉潤氏(函館市地域交流まちづくりセンターの2022年1月発行の広報紙より)
  • 兄の函館市長選出馬意向が報じられた大泉洋さん
  • 函館市長選への立候補意向が報じられた大泉潤氏(函館市地域交流まちづくりセンターの2022年1月発行の広報紙より)

吹田市長の長男は「ジャルジャル」後藤さん

「兄はものすごい昔からまじめで...本当にまじめな人です。(中略)兄が賢かったもんだから、なんとなく兄の後を追うところはあったんでしょう」

   大泉洋さんは14年10月5日放送のトーク番組「誰だって波瀾爆笑」(日本テレビ系)で、7歳離れた兄・潤氏の印象をこう語っていた。朝日新聞の22年7月12日の報道によると、潤氏は早稲田大学法学部卒業後、函館市に入庁。秘書課長、保健福祉部次長、観光部長を経て19年から現職に就き、新型コロナウイルス対策などを行ってきた。

   7月12日に、現職の工藤寿樹氏(72)の任期満了に伴う函館市長選への立候補に意欲を示していることが地元紙・北海道新聞などで伝えられると、ネット上で話題に。「水曜どうでしょう」(北海道テレビ放送=HTB)のヒットから北海道を代表するスターになった弟・洋さんの名前が、潤さんの選挙戦でも活かされるのではないかという声が相次いで聞かれた。

   実は近年、身内に芸能人を抱えながら選挙を戦い、市長に上り詰めるケースが相次いでいる。

   15年5月から大阪府吹田市長を務める後藤圭二氏(65)の長男は、吉本興業所属のお笑いコンビ「ジャルジャル」の後藤淳平さん(38)だ。

   圭二氏は1980年に東京水産大学(現:東京海洋大学)を卒業後、吹田市に入庁。水道部、市長室参事、環境政策推進監、環境政策室長、道路公園部長等を歴任した。15年4月の市長選では自公推薦で立候補し、元職の阪口善雄氏(民主党・社民党推薦)を918差の僅差で破り初当選。19年4月の市長選では再選を果たした。

   一方の淳平さんは、20代の頃から相方の福徳秀介さん(38)とともに実力派コンビとして注目され、「爆笑レッドシアター」「めちゃ×2イケてるっ!」(ともにフジテレビ系)などバラエティー番組に出演。20年には「キングオブコント」で優勝するなど、今では日本を代表するお笑い芸人の一人だ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中