2022年 8月 10日 (水)

「本気で怒っています」日本酒老舗、相次ぐ「不審クレーム」に注意喚起 返金詐欺?実情を聞く

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

  日本酒の蔵元を狙って同時期に相次いだ不審なクレーム電話に「本気で怒っています」−−。

  ある老舗のツイートが注目を集めている。電話の主は同一人物とみられ、異物混入や蕁麻疹の発症を理由に返金を求めるが、いずれも商品の現物はないと主張するという。関係者に話を聞いた。

  • 写真提供:日の丸醸造
    写真提供:日の丸醸造
  • 写真提供:日の丸醸造
    写真提供:日の丸醸造
  • 写真提供:日の丸醸造
    写真提供:日の丸醸造
  • 写真提供:日の丸醸造
  • 写真提供:日の丸醸造
  • 写真提供:日の丸醸造

不審なクレーム、業界で相次ぐ

  声をあげたのは、秋田県横手市に蔵を構える1689年創業の「日の丸醸造」だ。従業員数13人、年間の製造量は約1500石(一升瓶にすると約15万本)と小規模ながら、代表銘柄「まんさくの花」シリーズや特別純米「うまからまんさく」などで親しまれている。

  同社は2022年8月2日に「今度は本気で怒っています」とツイートし、

「『商品に異物が入っていた』『飲んだらジンマシンが出た』といって酒蔵に軒並み電話をかけて金銭をだまし取ろうとしている詐欺が現在進行中のようです」

と訴えた。同社も電話を受けたといい、続く投稿で詳細を伝えている。当初は商品に不備があったものとして本気で心配したという。

  ところが電話の相手が商品について、友人からの貰い物で購入店は不明かつ現物は「地震で割れてしまった」と主張。代金は贈り主に支払い済みとしたうえで、現金での返金を要求してきた。

  一連のやり取りで異変を感じ、過去の経験から「おそらく詐欺だろう」と判断を下して応ぜず。わだかまりが残っていたが、所属組合から同電話に関する注意喚起が届いたとして「はっきり詐欺だとわかってほっとした」と経緯を述べている。

  投稿によると、同社がこのような事案を経験したのは4回目。初回は代品を送ってしまったと悔やんだ。「どうか今回はどこにも被害がありませんよう、祈るばかりです」と願っている。

  発端の投稿は3万5000件以上リツイートされ、同情が広がっているほか、「昔勤め先で似たことがあった」「こういう返金詐欺多いよね」「何度か経験あります」といった経験者の声も集まっている。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中