2024年 2月 23日 (金)

村上宗隆56号にマスコミ沸騰も「バレンティンの60本が軽視されてる」 違和感続々...「排他的」指摘も

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   シーズン56本塁打をマークしたプロ野球・東京ヤクルトスワローズの村上宗隆選手をめぐる報道について、インターネット上で一部から「バレンティンの60本が軽視されてる」といった指摘があがっている。

  • 村上宗隆選手(写真:ロイター/アフロ)
    村上宗隆選手(写真:ロイター/アフロ)
  • 村上宗隆選手(写真:ロイター/アフロ)

「バレンティン選手に対しての暗黙な排他的意志も表している様だ」

   村上選手はシーズン最終戦となる2022年10月3日の横浜DeNAベイスターズ戦で、56本目となるホームランを打った。6月には1試合に2本塁打を放つ「マルチホームラン」で月14本塁打を記録するなどハイペースで本塁打を量産していた村上選手だが、終盤に失速。それでも最終戦の第4打席で見事チャンスを掴んだ。

   村上選手がマークした56本塁打は、2013年にウラディミール・バレンティン選手(ヤクルト)が記録した60本に次いでプロ野球歴代単独2位となる。同時に1964年の王貞治氏(巨人)、2001年のタフィ・ローズ氏(近鉄)、02年のアレックス・カブレラ氏(西武)が記録した55本を上回ったことで、「日本選手のシーズン最多本塁打記録」を更新したことが盛んに報じられている。

   こうした村上選手をめぐる報道について、バレンティン選手の記録を引き合いに違和感を示す指摘もあがっている。

   東京大学名誉教授のロバート・ゲラー氏は4日、スポーツ中継アプリ「DAZN」による村上選手のホームラン動画を引用し、「村上選手が今期よくできたが、『日本人最多56本塁打』との表現に対して複雑な心境がある」として、こう心中を吐露した。

「素直な気持ちを分からない訳ではないが、同時これは日本国籍を有しなかった2013年に60本打ったヤクルトのバレンティン選手に対しての暗黙な排他的意志も表している様だ」

   ゲラー氏は「そもそも王さんも。。なんですよね」とするリプライに、「そうです。英字メディアがより正確。『日本に生まれた選手の記録』と書いている。これに王選手が含まれています」としている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中