2024年 2月 24日 (土)

「通勤にはランウォーク」の声 スポーツ用品大手が開発した「走れるビジネスシューズ」が支持されるワケ

提供:株式会社アシックス

   「スニーカー履いてるみたいな感覚で感動」「本当に足への負担が少ない!」――スポーツ用品メーカー・アシックス(神戸市)が展開するビジネスシューズに、驚きの声が寄せられている。

   利用者に好評なのは、アシックスの「ランウォーク」シリーズ。同社の説明によれば、ビジネスで活躍するフォーマルなデザインでありながら、ランニングシューズのような高い機能性を有するという。

   スポーツ用品メーカーが生み出した「走れるビジネスシューズ」の強みに迫った。

利用者に好評なアシックスの「ランウォーク」
利用者に好評なアシックスの「ランウォーク」

アシックスが「ビジネスシューズ」を開発した理由

   そもそも、スポーツ用品のイメージが強いアシックスがビジネスシューズを開発したのはなぜか。その歴史は1976年に遡る。創業者の鬼塚喜八郎氏の体験がきっかけだ。

   国際的スポーツ大会の開会式を観覧した際に、選手団の衣装に注目したという。ブレザー姿にトレーニングシューズを履いていることに違和感を覚えたそうだ。

   鬼塚氏は「ブレザーに合う靴をつくりたい」と思い立つ。

   しかし当時の革靴といえば、硬い上に重く、「我慢する」というイメージの強いものだった。そこで同社が目指したのが、スポーツシューズのような履き心地をもった革靴の開発だ。走れるカジュアルな革靴など、これまでの印象を覆す製品を生み出し、展開していった。

   そして1994年には、機動性と快適性を備えたビジネスシューズ「ランウォーク」シリーズを発売した。

アシックスウォーキングの軌跡

   シリーズ誕生から20年以上が経った。さまざまな場面で活躍する現行モデルが、「ランウォーク WR819P」だ。

   ランニングシューズに用いられる素材を使うなど、同社の培ってきたノウハウを注ぎ込み、履き心地や歩きやすさを追求した一足だ。アッパーのライニングには防水透湿性に優れたゴアテックスファブリクスを用いているため、雨の日でも快適に歩くことができる。

ビジネスで求められる品格と高機能性を両立した「ランウォークWR819P」
ビジネスで求められる品格と高機能性を両立した「ランウォークWR819P」

   ビジネスはもちろん、冠婚葬祭などフォーマルな場面でも使える内羽根ストレートチップデザインを採用。ビジネスシューズとしての品格を保ちながら、スポーツシューズさながらの高機能性を実現している。

ランウォーク「WR819P」を詳しく見る

   いったいどのような技術が用いられているのか。ウォーキング企画開発部でランウォークを手掛ける西川雅俊さんに取材した。

姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック