2023年 9月 22日 (金)

原口文仁は「明らかに振ってない」 物議のハーフスイング判定に球界OB苦言「そりゃ怒るわ」

   プロ野球横浜ベイスターズ、日本ハムでプレーした野球解説者の高木豊氏(63)が2022年10月13日にユーチューブチャンネルを更新し、12日に神宮球場で行われたクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ、ヤクルト対阪神戦を解説した。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「原口の必死さを考えたらこの三振はないよな」

   試合はヤクルトが初回2死1、2塁のチャンスにオスナ(29)がレフトスタンドに叩き込み3点を先制。続く2回、3回とそれぞれ1点を追加しリードを広げ、7回にはサンタナ(30)がバックスクリーンへの2ラン。投手陣は阪神打線に9安打を許しながらも1点に抑え7-1で快勝した。

   高木氏が注目したのは3点ビハインドで迎えた2回阪神の攻撃だ。先頭・大山悠輔(27)が2塁打で出塁し無死2塁のチャンスを演出。続く原口文仁(30)はフルカウントから5球ファウルで粘るも最後はハーフスイングを取られて空振り三振。後続の佐藤輝明(23)、糸原健斗(29)が打ち取られ得点の機会を逃した。

   高木氏は原口がハーフスイングの判定を受けたシーンを振り返り、「明らかに振ってない」と主張し、「原口も怒ったけど、そりゃ怒るわ」と同情した。

   さらに「これが三振じゃなくてフォアボールであればノーアウト1、2塁。それで迎える佐藤は怖かったと思う。原口の必死さを考えたらこの三振はないよなと思った。明らかにVTRでも振ってない。完全に止まってる。ここがひとつの阪神の流れを切るジャッジだった」との持論を展開した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中