2024年 2月 29日 (木)

Jリーグ観戦で負傷の少年を救助したのは、相手サポーターだった SNS感動...当事者「当たり前の事をしただけ」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   Jリーグの試合で、あるサポーターの取った行動が称賛を呼んでいる。2022年10月8日のJ1・FC東京対湘南ベルマーレの試合中、湘南サポーターの少年がスタジアム内で転倒して負傷。これに対戦相手のFC東京のサポーターが気付き、少年の救助にあたった。

   少年の母親がつづった感謝の投稿がツイッターで拡散され、FC東京の監督もサポーターの行動を「誇りに思う」とコメントするなど、サッカーファンの間で話題になった。少年の救助に関わった男性は、取材に「当たり前の事をしただけ」と話す。

   そして、助けられた少年には、ただの湘南サポーターではない「意外な一面」があった。

  • Jリーグの試合での「救助劇」が話題(写真:アフロ)
    Jリーグの試合での「救助劇」が話題(写真:アフロ)
  • 救助された小野楓くん(左、おのめぐみさん提供)
    救助された小野楓くん(左、おのめぐみさん提供)
  • Jリーグの試合での「救助劇」が話題(写真:アフロ)
  • 救助された小野楓くん(左、おのめぐみさん提供)

「ベルマーレ勝ってるよ」

   10月8日、おのめぐみさん(@ono_megu)は夫と2人の子どもと一緒に、FC東京の本拠地・味の素スタジアム(東京都調布市)で行われた試合を観戦していた。一家は湘南のサポーター。試合は0-0で迎えた後半30分台に湘南が2得点し、勝利を目前にしていた。

   このとき、めぐみさんの息子・楓くん(当時10)はトイレに行っていた。しかし、試合終了が近づいても、なかなか戻ってこない。心配になっためぐみさんの夫が探しに行くと、痛みのあまり階段で動けなくなっていた楓くんが、複数のFC東京サポーターに助けられているところを見た。サポーターの中には、看護師の姿もあったという。

   めぐみさんは、楓くんがトイレから戻る際に転倒してしまったと説明する。3点目が入るかもしれないと、急いで階段を登ってしまったのだという。めぐみさんは13日、J-CASTニュースの取材に、夫から聞いた救助の状況などを、こう説明する。

「打撲で痛くて動けない状態の時に、『どうしたの?』『大丈夫?』などと声をかけていただいたり、車椅子の手配や救護室への案内、チームドクターへの連絡などしていただいたようです。また、看護師の方に『どこぶつけたの?』などと診ていただいたようです。合間に『ベルマーレ勝ってるよ』と声をかけてくださった方もいました」

   楓くんは幸い大怪我には至らず、軽い打撲程度で済んだという。夫は周囲のサポーターに「ありがとうございました」とお礼を言い、めぐみさんはFC東京に感謝のメールを送った。しかし、もっと改めてFC東京サポーターに感謝を伝えたいと、10日、自身のツイッターで今回の経緯を投稿。最後に、こうつづった。

「FC東京サポーターや関係者の方々にお気遣いいただき、私達家族は感謝の気持ちでいっぱいです。クラブにはお礼のメールをしましたが、FC東京サポーターの方々に少しでも感謝の気持ちが伝われば幸いです。FC東京サポーターの方々、本当にありがとうございました」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中