2024年 2月 23日 (金)

梨泰院事故、ショッキング映像が日本でも拡散...「人混みがトラウマに」反応も 韓国首相&学会は注意喚起

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   韓国ソウルの繁華街・梨泰院で154人が死亡した転倒事故で、SNSでは痛ましい写真や映像が拡散している。

   現地の神経精神医学会は緊急声明を出し、「現場映像やニュースの過度な繰り返し視聴は、健康に悪影響を及ぼす恐れがある」と注意を促す。韓国の韓悳洙(ハン・ドクス)首相も「SNSなどで死傷者に対する嫌悪発言や虚偽情報、刺激的な事故場面の共有がみられる」として自制を求めた。

  • 写真:AP/アフロ
    写真:AP/アフロ
  • 写真:AP/アフロ

「ミュート」機能で非表示にした人も

   事故は2022年10月29日夜(現地時間)、人気ドラマ「梨泰院クラス」の舞台にもなった繁華街で起きた。ハロウィーンで集まった人々が狭い坂道で群衆雪崩を引き起こし、154人が犠牲になったと報じられている。

   事故後にはツイッターで、現場に居合わせた人たちが撮影した写真や動画が多数投稿されている。中には、折り重なるように倒れて悲鳴を上げる若者や、救急隊員らが懸命に心臓マッサージを続ける姿、死体が道端に並べられている様子など、ショッキングな内容がそのまま収められている。

   日本人の間でも凄惨な現場の模様は拡散され、「梨泰院の動画見てしまって人混みがトラウマになってしまった」「見たくもないのに梨泰院の動画回ってくる辛い」と強い影響を受けたという人が少なくない。関連ワードを「ミュート」機能で非表示にしたという声もあった。

   大韓神経精神医学会は30日、事故を受けて緊急声明を出した。複数の現地メディアによれば、トラウマ(心的外傷)を防ぐために3つの提言をする。その上で、韓国での2014年の客船「セウォル号」沈没事故や新型コロナの流行時のように、専門家による大規模なメンタルケアが必要だと説く。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中