2024年 4月 25日 (木)

パインアメを黒くしたら...車・バイク好きに人気沸騰 新商品「タイヤアメ」販売好調、担当者も驚き

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ロングセラーキャンディの「パインアメ」で知られるパイン(大阪市天王寺区)が、一部コンビニ限定で販売している「タイヤアメ」が好評だ。パインアメと同形の飴を黒く着色した「タイヤ」そっくりの見た目が、車やバイク好きなどの間で話題を集めている。

   パインの担当者は「当初想像していたよりも速いペースでご購入いただいておりまして、驚いております」と話す。

  • タイヤそっくりな「タイヤアメ」(パイン提供)
    タイヤそっくりな「タイヤアメ」(パイン提供)
  • パインアメ(左)とタイヤアメ(右)
    パインアメ(左)とタイヤアメ(右)
  • タイヤそっくりな「タイヤアメ」(パイン提供)
  • パインアメ(左)とタイヤアメ(右)

「思ったよりタイヤ」「ゴムの味しそう」

   「なんと...パインアメが...タイヤに!?」――。パインアメの公式ツイッターは2022年10月25日、同日からファミリーマート限定で発売された新商品を紹介した。名前は「タイヤアメ」だ。

   パインアメと同じ形の飴を、炭末色素やカラメルを用いて黒く着色。奇しくも、ギザギザの部分は車のホイールのようにも見える。味はコーラ味だ。パインの広報担当者は11月8日、J-CASTニュースの取材に「いつもとは切り口が異なるちょっと面白いものを作ろうということになり、パインアメを黒くするとタイヤに見えるというアイデアが採用されました」と開発経緯を説明する。

   その奇特なコンセプトに、ツイッター上では「斬新すぎる」「思ったよりタイヤ」「ゴムの味しそう」などと注目を集めた。とりわけ車好きやバイク好きの間で話題になり、カー用品店で売られているタイヤのように縦に重ねて置いたり、実際のバイクのタイヤと並べて撮ったり、ミニカーと一緒に撮る人もいた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中