2024年 2月 26日 (月)

日本一オリックス悩ます「バッファローズ」誤読問題 間違い正す「バファローズ警察」出動も...球団の思いは

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   今季、プロ野球で26年ぶりの日本一を成し遂げたオリックス・バファローズ。そんなチームには、長年解決できていない課題がある。球団名の「バファローズ」を「バッファローズ」と呼び間違えてしまう人が後を絶たないことだ。

   前身の近鉄時代から始まり、オリックスとの合併後の今も続発するミス。かつては大手紙にさえ間違えられたケースもあり、近年では間違いを正す「バファローズ警察」も登場している。よく間違えられることを、球団はどう思っているのか。

  • オリックスが販売した「バッファローズちゃうねん!」と書かれたフェイスタオル。呼び間違えられるケースは後を絶たない(球団提供)
    オリックスが販売した「バッファローズちゃうねん!」と書かれたフェイスタオル。呼び間違えられるケースは後を絶たない(球団提供)
  • オリックスが販売した「バッファローズちゃうねん!」と書かれたフェイスタオル。呼び間違えられるケースは後を絶たない(球団提供)

60年前から「バファローズ」のまま

   「絶対やったらあかんやろ!笑」――。2022年9月13日、こんな声が寄せられたのは、同じ関西を本拠地とする阪神タイガースの公式ツイッターだ。今季限りで引退した糸井嘉男さんが、自身が在籍した球団のファンへ感謝のメッセージを告げるという投稿の中で、オリックスの球団名を「#オリックスバッファローズ」と誤ってタグ付け。これにファンから指摘が相次ぎ、阪神は「大変失礼いたしました。お詫びと訂正いたします」と謝罪した。

   さらに10月31日、オリックスが26年ぶりの日本一を達成した際は、大阪市の複合施設「あべのハルカス」の公式ツイッターが「オリックス・バッファローズが日本一に おめでとうございます」と祝福。同施設はかつてオリックスの前身・大阪近鉄バファローズを保有していた近鉄グループの運営だけに、「近鉄グループでも『ッ』入るのか...」などの指摘が寄せられた。最終的には担当者の「打ち間違い」だったとして、訂正された。

   「バファローズ」は前身球団の近鉄時代から、60年間使われ続けているチーム名だ。近鉄球団の歴史をつづった書籍「近鉄バファローズの時代」(著:大阪バファローズ研究会、イースト・プレス刊)によると、1959年に巨人OBの千葉茂氏がチームの監督に就任したのに合わせ、チーム名を「近鉄パールス」から千葉氏の愛称「猛牛」にちなんだ「近鉄バファロー」に変更。62年に複数形の「近鉄バファローズ」となった。

   その後99年に「大阪近鉄バファローズ」、05年にオリックスと合併し「オリックス・バファローズ」となっても、バファローズの名前は続いた。しかし、記事データベース「日経テレコン」を調べると、近鉄時代の80年代には日本経済新聞が球団名を「バッファローズ」と誤って記載していた例が複数ヒット。合併問題に揺れていた04年にも「バッファローズ」と誤記したスポーツ紙があった。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中