2024年 4月 25日 (木)

ZIPAIR、来年の新規就航「できれば3都市」 年末年始は満席近い予約、見据える路線拡大

   日本航空(JAL)傘下の中長距離格安航空会社(LCC)、ZIPAIR(ジップエア)が2022年12月12日、成田-サンノゼ線を開設した。ZIPAIRにとっては6路線目で、西田真吾社長は23年に開設する新規路線について「できれば3都市いきたい」と述べた。

   ZIPAIR は21年12月、LCCとしては初めて太平洋を越える成田-ロサンゼルス線を開設。西田氏によると、利用者に多いのが20~30代の「MZ世代」だ。これまでフルサービスキャリア(FSC)と呼ばれる既存の航空会社のみが運航していた路線にLCCが参入し、これらの世代でも低価格で移動できる選択肢を提供することが「我々の存在意義」。飛行機が増えるペースに合わせて、便数や就航都市を増やしていきたい考えだ。

  • サンノゼ行きの初便は消防車の放水で見送られた
    サンノゼ行きの初便は消防車の放水で見送られた
  • 出発準備を進めるサンノゼ行きの初便
    出発準備を進めるサンノゼ行きの初便
  • 出発記念式典であいさつする西田真吾社長
    出発記念式典であいさつする西田真吾社長
  • 社員らが搭乗ゲートで初便の搭乗客87人を見送った
    社員らが搭乗ゲートで初便の搭乗客87人を見送った
  • 式典ではテープカットも行われた
    式典ではテープカットも行われた
  • サンノゼ行きの初便は消防車の放水で見送られた
  • 出発準備を進めるサンノゼ行きの初便
  • 出発記念式典であいさつする西田真吾社長
  • 社員らが搭乗ゲートで初便の搭乗客87人を見送った
  • 式典ではテープカットも行われた

水際対策緩和で「潮目」変化、利用者の7割が「日本人以外のパスポート」

   サンノゼはシリコンバレーの中心都市で、サンフランシスコにも近い。今回のサンノゼ線は、米本土路線としては2路線目だ。西田氏によると、これらのベイエリアに住む人がロサンゼルスまで移動してZIPAIRを利用するケースもあったといい、サンノゼ線は

「ベイエリアにお住まいの日系、あるいはアジア系の皆さんの需要がベースとしてある、という実感を持っている」

とみている。さらに、コロナ禍では日本人客による利用が多かったが、22年10月に水際対策が緩和されてから「潮目が変わった」。インバウンド(訪日客)による利用が増え、現時点では7割が「日本人以外のパスポート」だ。年末年始は、どの路線も満席に近い状態の予約が入っているとしている。

   ZIPAIRは現時点で4機を運航し、22年中に5機目が納入される見通し。「25年までに10機体制」を目指す。西田氏は、新規就航地について「アジアと北米西海岸で25年までに、あと数拠点ずつ増やしていく」と説明。23年は「できれば3都市いきたい」とも話した。「アジア-日本-北米」の乗り継ぎ需要も取り込みたい考えだ。J-CASTニュースの22年8月掲載のインタビューでは、7路線目として台北(桃園)線を計画していることを明らかにしていたが、今回は

「長く準備に時間がかかっているが、まだ認可が取れている状態ではない。手続きを1歩1歩進めていこうと思う。魯肉飯を早く食べに行きたいと思っているんですけど...」

などと述べるにとどめた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中