2024年 3月 3日 (日)

井上尚弥は「漫画を超えてる」...元世界王者が脱帽 ノーガード&スイッチ挑発に「別の次元にいた」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   プロボクシングの元WBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人(ワタナベ、29)が2022年12月13日にユーチューブチャンネルを更新し、同日に東京・有明アリーナで行われた世界バンタム級4団体王座統一戦を解説した。

  • 井上尚弥選手(写真:松尾/アフロスポーツ)
    井上尚弥選手(写真:松尾/アフロスポーツ)
  • 井上尚弥選手(写真:松尾/アフロスポーツ)

「完全に1ラウンド目から飲み込んでいた」

   試合は世界バンタム級3団体(WBA・WBC・IBF)統一王者・井上尚弥(大橋、29)がWBO世界バンタム級王者ポール・バトラー(英国、34)を11回KOで下し、日本人選手初、アジア初となる世界主要4団体の王座を統一した。

   井上は序盤からバトラーにプレッシャーをかけ主導権を握った。対するバトラーは井上の強打を警戒しフットワークを駆使した戦法を取った。井上はディフェンシブなバトラーを崩そうとフェイントを駆使し、ノーガードで誘うシーンも見られた。

   ダウンを奪えないまま迎えた11回。このまま判定まで持ち込まれるかと思われたが、井上の強打が火を噴いた。強烈なボディーを打ち込みバトラーの心を折ると、怒涛の連打でKO勝ち。バンタム級王座を全てKO勝利で手にし、デビューからの連勝を「24(21KO)」に伸ばした。

   京口は「今回はWBOのチャンピオンだったバトラーがどういう戦い方をするか。恐らくこうだろうなという通りで守りを重視した戦い方だった」と振り返り、独自の視点で試合を分析した。

「1ラウンド目始まってすぐ井上尚弥が大きく構えて無駄な動きが一切ないという。その中でバトラーもガードを高く上げて色々とフェイントを入れたり、足でフェイントをするけど井上はどっしり構えて動かない。打ってくるパンチにだけ反応してすぐに返す。完全に1ラウンド目から飲み込んでいた。バトラーも面食らっていた。スピード、パンチすべて(井上が)上回っていた」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中