2024年 4月 23日 (火)

井上尚弥の「標的」2団体王者アフマダリエフに動き 今春に王座防衛戦へ...米ESPN報道

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   米スポーツ専門局「ESPN」(WEB版)は2023年1月4日、プロボクシングのWBA・IBF世界スーパーバンタム級王者ムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン、28)が今春に王座防衛戦を行うと報じた。

   ESPNによると、防衛戦はIBF世界スーパーバンタム級1位マーロン・タパレス(フィリピン、30)を相手に米国以外の場所で行われる予定で、WBAとIBFの2つの王座がかけられる見通しだという。

  • 井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
    井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
  • 井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)

亀田はアフマダリエフ挑戦に意欲

   スーパーバンタム級2団体統一王者のアフマダリエフは、スーパーバンタム級転向を示唆している世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋、29)が標的とする王者のひとりで動向が注目されていた。

   元世界2階級制覇の亀田和毅(TMKジム、31)もアフマダリエフの保持するWBA王座を狙っており、スポーツ紙などの報道によると、亀田は1月4日に行った会見で改めてアフマダリエフ挑戦に意欲を見せた。

   アフマダリエフは16年リオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得し18年にプロデビューした。20年1月にWBA・IBF世界スーパーバンタム級王者ダニエル・ローマン(米国、32)を判定で破り王座を獲得。その後、3度の王座防衛に成功している。戦績は11勝(8KO)無敗。

   挑戦者のタパレスは元WBO世界バンタム級王者で、21年12月に行われたIBF世界スーパーバンタム級挑戦者決定戦で勅使河原弘晶(三迫、32)をKOで破りIBF王座の挑戦権を獲得した。

   スーパーバンタム級はスティーブン・フルトン(米国、28)がアフマダリエフの対抗団体WBC・WBO王座を保持しており、海外メディアでアフマダリエフとの王座統一戦の話題が上がるもいまだ実現していない。フルトンは次戦で1階級上のWBC世界フェザー級暫定王座決定戦に出場する可能性もある。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中