2024年 3月 1日 (金)

山田裕貴の本多忠勝に「惹き込まれた」 どうする家康「主君」に迫った涙の演技を視聴者絶賛

   NHK大河ドラマ「どうする家康」第2話が2023年1月15日に放送され、俳優の山田裕貴さん演じる戦国最強武将の1人とされる本多忠勝の「覚悟」が視聴者の感涙を誘った。

  • 山田裕貴さんのインスタグラム(00_yuki_y)より
    山田裕貴さんのインスタグラム(00_yuki_y)より
  • 山田裕貴さんのインスタグラム(00_yuki_y)より

元康、罪悪感から自害を決意する

   同作は大河ドラマ62作目。小国の三河(現・愛知県)に生まれ、個性豊かな家臣たちに翻弄されながらも、天下統一を果たした徳川家康(松本潤さん)の生涯をコミカルなシーンも交えつつ描く。

   第2話「兎(うさぎ)と狼」では、主君である今川義元(野村萬斎さん)がまさかの討ち死。敵の織田軍に拠点を包囲された上、松平元康(のちの徳川家康=松本さん)の誤った判断で壊滅状態にさせられた元康率いる松平軍は、なんとか岡崎の「大樹寺」に逃げ込んだ。そこで元康は、自身の首を差し出せば家臣たちを守れるはずだと考え、自害を決意。祖父と父が眠る墓石の前で、短刀を腹部にあてる。

   するとそこに、忠勝が登場。「確かにそのクビをくれてやれば、家臣たちの命は助かるだろう」と理解し介錯役を申し出てきた。元康が自害を止めない理由を尋ねると、忠勝は刀を振り上げて「言ったろう。お主を主君と認めぬからだ」「私の父は、お主の父君を守って死んだ。じじ様は、お主のおじいさまを守って死んだ。俺は...、俺の命を捨てるだけの値打ちがあるお方を主君と仰ぎたい」と突き放す。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中