大谷翔平が「まさに理想の2番打者」である理由 元日本代表コーチがWBCスタメン予想...顔ぶれは

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が2023年3月に開幕する。3大会ぶりの優勝を目指す日本は、5人の現役大リーガーが代表入りし国内組は球界を代表する選手たちが顔を揃えた。

   1次ラウンドのプールBに属する日本は、東京ドームで行われる3月9日の初戦に中国と対戦。10日に韓国、11日にチェコ共和国と対戦し、3月12日の第4戦でオーストラリアを迎え撃つ。

  • 大谷翔平選手(編集部撮影)
    大谷翔平選手(編集部撮影)
  • 大谷翔平選手(編集部撮影)

「侍ジャパンにふさわしいメンバー」

   地元開催となる1次ラウンドで侍ジャパンはどのようなパフォーマンスを見せるのか。準々決勝進出へ向けて栗山英樹監督(61)の采配が注目されるなか、J-CASTニュース編集部は、日本代表の元戦略コーチ・橋上秀樹氏(57)にスタメン予想をしてもらった。

   橋上氏は「打者を見ると強力で侍ジャパンにふさわしいメンバーが揃っている」と評価し、以下の通りに予想した。

   1番センター、ラーズ・ヌートバー(カージナルス)、2番DH大谷翔平(エンゼルス)、3番ライト鈴木誠也(カブス)、4番サード村上宗隆(ヤクルト)、5番レフト吉田正尚(レッドソックス)、6番ファースト牧秀悟(DeNA)、7番セカンド山田哲人(ヤクルト)、8番キャッチャー甲斐拓也(ソフトバンク)、9番ショート源田壮亮(西武)。

   橋上氏は「昨年の強化試合をみると、栗山監督の牧選手に対する信頼度がかなり高そうなので6番くらいまではある程度固定されると思います」と分析し、次のように続けた。

「最終メンバーに岡本(和真)選手や山川(穂高)選手が入った。山田選手の状態が不安材料としてあるのではという感じがします。山田選手の状態があまり良くないのならば、牧選手をセカンドにまわして山川選手なり岡本選手がファーストに入るという形を視野に入れながらのメンバー構成だと思います」

   打線のキーポイントに挙げたのが1番打者だ。

姉妹サイト