2024年 2月 27日 (火)

「成人式の振袖を、卒業式は違う色で着たい」 紅赤から桜色へ...願い叶えた職人技に驚き「魔法みたい」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「成人式で着用した振袖を、卒業式は違う色で着たい」――こんな願いに応えた着物職人たちの技術が「魔法みたい」とツイッターで注目を集めた。成人式のために仕立てた鮮やかな紅赤色の着物が、柔和な桜色に染め替わった。色抜きを得意とする職人夫婦が元の色をきれいに抜き取り、振袖を仕立てた職人が新たな色に染め直したそうだ。

   J-CASTニュースは2023年2月10日、振袖を仕立てた池内友禅(京都市)の池内真広(まさひろ)さんに取材した。

  • 柔和な桜色に染め替わった振袖
    柔和な桜色に染め替わった振袖
  • 鮮やかな紅赤色の振袖(元の色)
    鮮やかな紅赤色の振袖(元の色)
  • 柔和な桜色に染め替わった振袖
    柔和な桜色に染め替わった振袖
  • 鮮やかな紅赤色の振袖(元の色)
    鮮やかな紅赤色の振袖(元の色)
  • 脱色後の振袖
    脱色後の振袖
  • 柔和な桜色に染め替わった振袖
  • 鮮やかな紅赤色の振袖(元の色)
  • 柔和な桜色に染め替わった振袖
  • 鮮やかな紅赤色の振袖(元の色)
  • 脱色後の振袖

1着で親子の願いを叶えた

   池内友禅は、京都・嵐山で着物や帯を手掛ける工房だ。職人の池内さんは4日、着物を染め替える技術があるとツイッターで紹介した。話題になったのは6日。実際に染め直した淡いピンクの振袖を紹介したことをきっかけに、大きな注目を集めた。

「とても珍しい濃色から薄色への振袖の染め替え。鮮やかな紅赤色が柔和な鴇色(ときいろ)に生まれ変わりました。ご両親が選ばれた成人式の色、本人が希望した卒業式の色。一着でどちらの願いも叶えることができました」

   ツイッターでは「この技術、信じられない!」「これぞ職人技」などと驚く声が寄せられ、10日17時までに約43万7000回表示され、約2000件のリツイート、約8000件の「いいね」が寄せられた。

   池内さんは取材に対し、着物の色を抜く技術「抜染(ばっせん)」に秀でた職人夫婦の協力で、新たな色に染め直すことができたと説明する。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中