フォトショ愛用ブラシが「知らない人の顔」だった! 一体誰?「オレだよ!」名乗り出た本人に話を聞いた

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   画像編集ソフト「フォトショップ」で愛用していたブラシの先端が「知らない人の顔」だった――。こんな驚きの投稿がツイッターで話題になった。作画に用いていたブラシの先端を拡大すると、眼鏡をかけた男性のモノクロ写真が浮かび上がったという。

   J-CASTニュース編集部は2023年3月3日、ブラシの素材となった本人に取材した。

  • フォトショ愛用ブラシが「知らない人の顔」だった!
    フォトショ愛用ブラシが「知らない人の顔」だった!
  • ブラシの素材となったのは、台湾の人気イラストレーター・Krenzさん
    ブラシの素材となったのは、台湾の人気イラストレーター・Krenzさん
  • フォトショ愛用ブラシが「知らない人の顔」だった!
  • ブラシの素材となったのは、台湾の人気イラストレーター・Krenzさん

「オレだよ!オレ!」

   イラストを勉強中だというツイッターユーザー・柳一さんは2月20日、愛用していたブラシの違和感に気づいた。ツイッターで写真付きで次のように投稿した。

「ずっと使ってた有能ブラシが知らない人の顔だった件について」

   続くツイートによれば、「KK」というフォトショップ用のブラシで、イラストの下書き(ラフ)を描く際に愛用していたという。ブラシの先端を細めた状態で用いたり、連続して線を引き続けたりしていれば、ブラシ先端の形状は分かりづらい。しかし大きくスタンプのように用いると、笑みを浮かべた眼鏡の男性がキャンバスに現れる。

   この投稿は3月3日までに、4万8000件を超えるリツイート、20万1000件を超える「いいね」が寄せられている。彼はいったい何者なのか。ツイッターで拡散されると、すぐに本人が名乗りを上げた。

「オレだよ!オレ!」

   台湾の人気イラストレーター・Krenzさんだ。美術講師として活躍しており、日本でも個展の開催や、同人誌即売会への参加で人気を博している。ツイッターのフォロワー数は30万2000人を超える。

   このブラシの詳細について、Krenzさんの美術教室「Krenz's Artwork」を通じて、本人に取材した。

姉妹サイト