2024年 5月 19日 (日)

酒を非接触で注げる!新開発「アルコールディスペンサー」好評 コロナ禍で誕生、提案の蔵元も「まさに理想」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   手をかざすと消毒液を噴霧する「アルコールディスペンサー」のように、お酒を注ぐことができる飲料ディスペンサーに注目が集まっている。カップをかざすと、ボトルに入っているお酒がとくとくと注がれる。まさに「アルコール」のための装置だ。

   J-CASTニュースは2023年3月14日、商品を企画した新日本流通(兵庫県西宮市)と愛用する今代司酒造(新潟市)に取材した。

  •  まさに「アルコール」のためのディスペンサーが話題に
    まさに「アルコール」のためのディスペンサーが話題に
  •  まさに「アルコール」のためのディスペンサーが話題に

「実は弊社が特注で作っていただいたんですよね...!」

   飲料用ディスペンサーは、新型コロナウイルス感染症拡大を機に広まった「アルコールディスペンサー」のような形状をしている。酒のボトルに取り付けて用いることができ、カップを赤外線センターにかざすと、定量の酒が注がれる。量は約4ミリリットル、約6ミリリットル、 約10ミリリットルの3段階で調整可能だ。単三型アルカリ乾電池4本で動く。

   注目を集めたきっかけは、新潟清酒に関するイベント「にいがた酒の陣」に参加したとするツイッターユーザーの投稿だった。ある酒造がテイスティングのために設置していた飲料用ディスペンサーに注目し、「アルコールディスペンサーを正しくアルコールディスペンサーとして使ってるの無限に笑える」などと紹介。7000件を超えるリツイート、1万2000件を超える「いいね」が寄せられる大きな反響を呼んだ。

   この投稿を受けて、今代司酒造は11日、「このディスペンサー、実は弊社が特注で作っていただいたんですよね...!」とツイートした。酒の量の調節だけでなく、甘酒やにごり酒などさまざまな酒の提供が可能であるという。

   取材に対し今代司酒造は、清酒の流通にかかわる新日本流通に依頼したと明かす。

「弊社は以前より直売店でテイスティングを行っており、コロナ禍前はボトルをお客様ご自身で持って注いで頂く方式でした。 新日本流通様にはボタン式のディスペンサーの作成を進めていただいていたのですが、コロナ禍になったため、人との接触を極力減らすために手指の消毒ディスペンサーのような方式で、非接触で酒を注ぐものを作っていただけないかとご相談させていただきました」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中