2024年 5月 20日 (月)

「緊張でスローに見える」研究の実験ディスプレイ、なぜあえてブラウン管型? 教授に聞いた液晶型との違い

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「目を疑ってスローで確認してしまった」「いまだに現役とは...」――千葉大学・一川誠教授らの研究成果を伝えるニュースの一場面がSNSで大きな注目を集めている。緊張が高まると物事がスローモーションのように見える現象に関する研究発表を報じるもので、研究室にはブラウン管(CRT)型ディスプレイが並んでいた。

   なぜ、ブラウン管型ディスプレイを用いていたのか。J-CASTニュースは2023年3月16日、一川教授に取材した。

  • 一川誠教授の研究室(2023年3月撮影)
    一川誠教授の研究室(2023年3月撮影)
  • 実験用のブラウン管型ディスプレイは10台ほど
    実験用のブラウン管型ディスプレイは10台ほど
  • Power Macintosh 7600/200は、2年生の実験演習の実験で使用しているそう
    Power Macintosh 7600/200は、2年生の実験演習の実験で使用しているそう
  • 一川誠教授の研究室(2023年3月撮影)
  • 実験用のブラウン管型ディスプレイは10台ほど
  • Power Macintosh 7600/200は、2年生の実験演習の実験で使用しているそう

「わざわざ、ブラウン管型のディスプレイを用いて実験をしました」

   3月14日放送のNHK総合「NHKニュースおはよう日本」で、千葉大学大学院融合理工学府博士後期課程3年生の小林美沙さんと大学院人文科学研究院の一川教授の研究チームの成果が報じられた。

   ニュースでは、ブラウン管型ディスプレイの画面をのぞき込む一川教授の姿が映されていた。ディスプレイの下には、1997年に発売されたデスクトップパソコン「Power Macintosh 7600/200」が置かれていた。

   ツイッターでは、この様子に注目が集まった。

「さすがに、過去の資料映像の使い回しでしょう」
「昨日ニュース見てた時、思わず『ブラウン管!?』と言ってしまったくらいには驚いた」
「20年以上前のパソコンなのでは...もっと良いパソコン買う予算もないのか...」

   取材に対し、一川教授はブラウン管型ディスプレイでなければならない理由があると説明する。実験では、被験者がどのくらいの速さで映像の変化に気づくことができるか探った。

   このような目で物事を捉える速さを調べる実験では、ブラウン管型ディスプレイを用いることが多いという。液晶画面と比べて、指示を出してから応答するまでが速いためだ。

「今回の実験でも、わざわざ、ブラウン管型のディスプレイを用いて実験をしました。 決して、予算がなくて、新しい液晶ディスプレイが変えなかったということではなく、研究の用途に合わせて、必要な高い精度で画像を提示できるブラウン管型ディスプレイを用いたということになります」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中