2024年 5月 31日 (金)

井上尚弥の「後釜」誰に? 一挙に空いた4王座の行方は...識者が予想する「世界バンタム級戦線」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   プロボクシングの元WBCバンタム級暫定王者・井上拓真(大橋、27)が2023年4月8日に東京・有明アリーナで行われるWBA世界バンタム級王座決定戦に出場し、同級3位リボリオ・ソリス(ベネズエラ、41)と王座を争う。

   王座決定戦は実弟・尚弥(大橋、29)が王座を返上したことにより設定され、尚弥が王座を返上した他の3団体(WBC・WBO・IBF)もそれぞれ王座決定戦を予定している。拓真は兄・尚弥が保持していたベルトを巻くことができるのか。そして3団体の王座の行方は...。

  • 井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
    井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
  • 井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)

「ドネアは極端にもろくなってしまっているかもしれない」

   J-CASTニュースは、TMKジムの金平桂一郎会長(57)に世界バンタム級4団体の王座決定戦を占ってもらった。

   WBA王座を争う拓真とソリスは共に元世界王者だ。拓真は18年12月にWBC暫定王座を獲得。一方のソリスは元WBA世界スーパーフライ級王者で、16年3月にWBC世界バンタム級王者・山中慎介に挑戦して判定負けを喫した。

   金平会長は「ソリス選手は非常にテクニシャンでうまいという印象があります。山中選手には敗れましたが、試合巧者でうまい。日本での知名度が高く実績もありますが、年齢的な衰えは否めないと思います。拓真選手は一時期スランプ気味に見えましたがここ最近の立ち直りは著しい。拓真選手がアグレッシブにいけば後半KOもあると思います」との見解を示した。

   WBC王座は世界5階級制覇のノニト・ドネア(フィリピン、40)と同級4位アレハンドロ・サンティアゴ(メキシコ、27)による王座決定戦が見込まれる。ドネアは22年6月に尚弥と対戦し2回TKO負けして以来リングから遠ざかっている。対するアレハンドロは18年9月にIBF世界スーパーフライ級王座に挑戦して引き分けている。

   金平会長は「並の選手がドネア選手と対戦しても勝てないでしょう」と前置きし「ただ注目すべきは尚弥選手と対戦した時のダメージです。実績、実力からすればドネア選手だが、尚弥選手との試合のダメージをどれだけ引きずっているのか。かなり時間が経っているのでダメージが抜けているとはいえ、それがどの程度が見えない。極端にもろくなってしまっているかもしれないなどの不安要素はある」と解説した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中