2024年 4月 14日 (日)

カメラのレンズ部分に値段シール...「取れない」と購入者悲鳴 ハードオフは謝罪「貼り場所に配慮足りなかった」

   大手リユースショップ「ハードオフ」の店舗でカメラの中古レンズを買ったところ、レンズ部分に値段シールが貼ってあってなかなか取れないと、ツイッターに投稿があった。

   店を運営するハードオフコーポレーション(新潟県新発田市)は2023年3月30日、プライスシールの貼り場所に配慮が足りなかったと公式ツイッターで謝罪し、「一つ一つの商品を大切に扱うよう改めて周知し、再発防止に努めてまいります」と述べた。

  • 値段シールが貼られたレンズ(写真は、R氏@Rsi0703さん提供)
    値段シールが貼られたレンズ(写真は、R氏@Rsi0703さん提供)
  • シールを剥がそうとしたが…(写真は、R氏@Rsi0703さん提供)
    シールを剥がそうとしたが…(写真は、R氏@Rsi0703さん提供)
  • 値段シールが貼られたレンズ(写真は、R氏@Rsi0703さん提供)
  • シールを剥がそうとしたが…(写真は、R氏@Rsi0703さん提供)

「レンズクリーナーでも剥がせず、逆にシール跡が広がった」

   透明なレンズの真ん中に、税込880円の値段シールが貼ってあり、それを剥がしても、ノリや紙の一部がこびりついている。

   これらの写真は、カメラ好きだという「R氏」(@Rsi0703)さんが2023年3月29日、ツイッターに投稿した。ハードオフの店舗で買ったといい、レンズクリーナーで何度も拭いたがなかなか取れないという。

   この投稿は、5000件以上リツイートされており、様々な声が寄せられている。「レンズに貼るのはありえない」「これやった店員の意識が低い」との指摘が出たほか、剥がすための様々なアドバイスが寄せられている。

   R氏さんは30日、J-CASTニュースの取材に応じ、「手ですぐに剥がせると思ったので購入しました」としたうえで、「手持ちのレンズクリーナーでも剥がせませんでした。逆にシール跡が広がってしまいました」と困惑ぶりを明かした。

   店内では、他にも値段シールが貼られているレンズが売っていたとして、その写真も示した。ただ、「中にはちゃんと袋に入っているものもあったので、値付けをした店員さんによるとおもいました」とした。

   値段シールのことで店に抗議する予定はないとしたが、「レンズやプラスチック、ゴムなどでできているテープ跡が残りやすいものには何かしらの配慮をしてもらいたいです」と訴えている。

   カメラ用レンズを扱っている大手メーカーの広報部は30日、取材に対し、レンズに値段シールを貼ることについてこう話した。

姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック