2024年 5月 23日 (木)

「お客様は神様ではありません」 バス会社がまさかの意見広告...Twitterで注目された「カスハラ対策」2選

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「カスタマー(顧客)ハラスメント(いやがらせ)」(以下「カスハラ」)という言葉をご存じでしょうか。厚生労働省の資料によると「顧客等からの暴行、脅迫、ひどい暴言、不当な要求等の著しい迷惑行為」と定義されています。

   社会問題となっているカスハラについて、Twitterでは企業の対応や実態に対するさまざまな反応や意見が集まっています。

   ツイートまとめサービスのTogetter(トゥギャッター)が解説する「3分くらいでわかる週刊Twitterトレンド【J-CAST出張版】」、今回のテーマは「カスハラ」です。

  • 「カスハラ」から従業員を守るには(画像はイメージ)
    「カスハラ」から従業員を守るには(画像はイメージ)
  • 「カスハラ」から従業員を守るには(画像はイメージ)

「お客様は神様ではありません」バス会社の広告が話題

   2023年3月、地方紙に掲載されていたというバス会社の広告がTwitterに投稿され、大きな反響を呼びました。

『その苦情、行き過ぎじゃありませんか』運転手仲間から送られてきた、とある県の地方紙に掲載されていた、とあるバス会社の広告です - Togetter

   『その苦情、行き過ぎじゃありませんか?』という呼び掛けで始まる文章広告で、「近年、些細なことで理不尽なクレームや過度な要求をするお客様がおられます」という書き出しから始まっています。

   企業側に非があってお詫びする場合もあると書き添えつつ、「車内外のドライブレコーダーで確認し、非がないことをお伝えしても一方的に攻撃される」ことがあるといいます。さらに太字で「お客様は神様ではありません」と強調し「理不尽なクレームや要求には毅然とした対応をとり、場合によっては乗車をお断りいたします」と、企業からの明確なメッセージが書かれているものでした。

   メッセージの内容からは、バス運転手が受けてきたカスハラの深刻さがうかがえます。

   それもあってか、理不尽な客のクレームから社員を守ると宣言したこの会社に、内容にTwitterユーザーからは「現場に寄り添っている会社だ」「こういう会社は信頼できる」などと評価する声が集まっています。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中