2024年 2月 24日 (土)

「エイプリルフールかと思った」SNS衝撃の「充電式電子レンジ」 商品実在、反響にメーカー驚き

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   「一日早いエイプリルフールかと思った」――電動工具メーカー・マキタ(愛知県安城市)の新商品に驚きの声が寄せられている。発売されたのは、持ち運び可能な「充電式電子レンジ」。商品を紹介する記事が3月末に拡散されたために、SNSではエイプリルフールを疑う声が広がった。

   J-CASTニュースの取材に対し、マキタ総務課の担当者は2023年4月4日、反響に驚きながら「エイプリルフールを意識したわけではない」と説明する。

  • 「エイプリルフールかと思った」SNS衝撃の「持ち運べる電子レンジ」
    「エイプリルフールかと思った」SNS衝撃の「持ち運べる電子レンジ」
  • 別売りのショルダーベルトを取り付け可能
    別売りのショルダーベルトを取り付け可能
  • 建設・建築現場や車内の食事、災害時の備えとして活躍するという
    建設・建築現場や車内の食事、災害時の備えとして活躍するという
  • 建設・建築現場や車内の食事、災害時の備えとして活躍するという。
    建設・建築現場や車内の食事、災害時の備えとして活躍するという。
  • 「エイプリルフールかと思った」SNS衝撃の「持ち運べる電子レンジ」
  • 別売りのショルダーベルトを取り付け可能
  • 建設・建築現場や車内の食事、災害時の備えとして活躍するという
  • 建設・建築現場や車内の食事、災害時の備えとして活躍するという。

「え!?...普通に売ってる!?」

   話題になったきっかけは3月31日の家電ニュースサイトの記事だった。マキタから電子レンジが発売されると伝える記事がツイッターで紹介されると、4月5日までに、1万件のリツイート、2万5000件を超える「いいね」が寄せられるなど大きな反響を呼んだ。公開日からエイプリルフールを疑う声も広がった。

「マキタよ!エイプリルフールは明日だぞっ!!」
「だがちょっと待ってほしい、何かの間違いではないのか」
「マキタの充電式電子レンジ、エイプリルフールネタにしちゃカタログまで作ってよく出来てるな...え!?...普通に売ってる!?」

   取材に対しマキタの担当者は、3月上旬に発売した商品だと明かす。公式サイトなどでは3月10日にプレスリリースを発表した。

   庫内容量は8リットルで、標準小売価格は11万円(税別)。出力は500ワットか300ワットを選べる。バッテリー2本で、冷蔵弁当なら約11回、飲み物(200ミリリットル)であれば約20回温められるそうだ。重さは8.8キログラムで、折り畳みハンドルが設けられているため持ち運ぶこともできる。建設・建築現場や車内の食事、災害時の備えとして活躍するという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中