2024年 4月 13日 (土)

エンゼルス傘下2A「被安打0で7失点」に衝撃 3連続死球、5四球、エラー、暴投...「何があった」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   大谷翔平選手が所属する大リーグ・エンゼルスの傘下、ロケットシティ・トラッシュパンダズ(2A)と、チャタヌーガ・ルックアウツ(シンシナティ・レッズ傘下=2A)の試合が現地時間2023年4月8日に行われ、試合中に起きた珍事が話題になっている。

  • 2Aの試合で衝撃展開(写真はイメージ)
    2Aの試合で衝撃展開(写真はイメージ)
  • 2Aの試合で衝撃展開(写真はイメージ)

「悪夢とかそういうレベルじゃない」

   試合は6回までトラッシュパンダズが3-0でリード。しかし、最終7回で先頭から2者連続の四球を出してしまった。

   内野フライで1アウトを奪ったが、次の打者も四球で満塁に。続く打者は三振に収めたものの、6人目の打者に四球を与えてしまい、1点返されてしまった。

   その次の打者がセンターに放ったフライはまさかの落球。エラーでとうとうトラッシュパンダズが逆転されてしまった。

   その後も投手は打者に3度の死球を与え、押し出しで1点。次の打者にも四球で押し出し、直後には暴投で失点してしまった。

   さらに死球で満塁のピンチを迎えたが、続く打者は三振で打ち取った。結果、ルックアウツはこの回1度もヒットを打つことなく、7点を奪うことに成功した。

   このドタバタ劇にネット上からは、「何があったんだ」「悪夢とかそういうレベルじゃない」という声が集まっていた。

   試合は7回裏にトラッシュパンダズが2点を返したが、7-5でルックアウツが勝利した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中