2024年 2月 25日 (日)

イニエスタの日本向け有料ファンクラブが閉鎖 開設わずか5か月、運営に不手際...会費は全額返金へ

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   サッカーJ1・ヴィッセル神戸のアンドレス・イニエスタ選手の日本向けファンクラブ「ファミリークラブ」の閉鎖が2023年4月11日に発表された。

   ファンクラブは、広告業などを営むFORCE社(大阪市)が運営。22年11月に開設されたばかりだが、半年も経たずのスピード撤退となった。

  • ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタ(2018年5月撮影)
    ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタ(2018年5月撮影)
  • 開設時のプレスリリースより
    開設時のプレスリリースより
  • ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタ(2018年5月撮影)
  • 開設時のプレスリリースより

年会費は2万2000円だった

   FORCE社は昨年11月21日、イニエスタ選手が共同創業者を務めるNSN社とのパートナーシップ契約を締結し、ファンクラブを開設したと発表した。イニエスタ選手の「生涯にわたって日本のファンの方々と繋がりを持っていたい」という思いを実現させるための会員制コミュニティとしていた。

   年会費は税込2万2000円で、特典はイニエスタ選手が主催するチャリティーマッチへの招待のほか、ファンクラブメンバー限定秘蔵映像の配信など。抽選でイニエスタ選手が所属するヴィッセル神戸のホームゲームのチケットや、直筆サイン入りのスパイクをプレゼントするなどとしていた。

   また、「スペシャル特典」として飛行機代・ホテル代・チケット代全てが無料のW杯日本対スペイン戦招待の抽選も行っていた。

   だが、発足から5か月足らずの4月11日、川口真礼代表取締役がファンクラブの公式YouTubeチャンネルで閉鎖を発表した。スーツ姿で動画に登場した川口氏は

「サービスを継続することができなくなってしまい、ファミリークラブのサービスを停止することとなりました。この度はファンに皆様の期待に応えられず、誠に申し訳ありませんでした」

と頭を下げた。ファンクラブの加入者には全額返金を行うという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中