2024年 4月 25日 (木)

韓国野球に160キロ投手出現「未来明るくした」 現地メディア興奮、大谷翔平や佐々木朗希が「羨ましかった」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   韓国プロ野球史上初の160キロ超え投手が誕生した。国内リーグのハンファ・イーグルスに所属するムン・ドンジュ投手(19)が2023年4月12日のKIAタイガース戦に先発し、初回に160.1キロをマークした。

  • 大谷翔平選手(編集部撮影)
    大谷翔平選手(編集部撮影)
  • 大谷翔平選手(編集部撮影)

これまでは158.7キロが最高

   地元メディアによると、これまで国内投手の最速は12年に記録された158.7キロで、160キロを超えるのは初めて。現役ではキウム・ヒーローズのエース、アン・ウジン投手の158.4キロが最速だった。

   国内最速を計測したのは初回だった。2番打者のパク・チャンホ選手を2ストライクに追い込んだ3球目。ムンが投じたストレートが160.1キロを計測し、パクを見逃し三振に仕留めた。ムンはこの日、6回を投げて3安打6奪三振2失点と試合を作ったが、味方打線の援護がなくチームは0-2で敗れた。

   ムンはプロ2年目の右腕で高校時代から注目されていた投手だという。21年のドラフト会議でハンファ・イーグルスに1位で指名され入団。ルーキーイヤーの昨年は13試合に登板して1勝3敗2ホールドだった。

   若き投手が国内最速を記録したニュースを地元メディアは興奮を持って伝えた。

   スターニュース(WEB版)は、韓国の野球ファンは2023ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を見て160キロを超える投手を擁する日本代表を「羨ましい」と思ったが、韓国にもいよいよ160キロを超える投手が出現したと報じた。WBCでは大谷翔平投手(エンゼルス、28)と佐々木朗希投手(ロッテ、21)が160キロ超えを記録した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中