2024年 5月 29日 (水)

「最高のお祝い」「日本なら大批判くらう」 MLB球団の「衝撃セレブレーション」にネット驚き

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   2023年3月のWBCでは日本代表の「ペッパーミルパフォーマンス」が注目を集めるなど、野球選手がヒットやホームランを打った際にベンチが祝福する「セレブレーション」が話題を呼んだ。そして今季、ある米大リーグの球団が見せるセレブレーションに注目が集まっている。

  • ボルティモア・オリオールズのアドリー・ラッチマン選手(写真:AP/アフロ)
    ボルティモア・オリオールズのアドリー・ラッチマン選手(写真:AP/アフロ)
  • ボルティモア・オリオールズのアドリー・ラッチマン選手(写真:AP/アフロ)

マーライオンのように水放射

   話題になっているのは、ア・リーグ東地区のボルティモア・オリオールズによるセレブレーションだ。4月12日に行われたオークランド・アスレチックス戦。1回に先頭バッターが二塁打で出塁すると、ベンチへ向かって「空ハイタッチ」の仕草を見せる。するとベンチで横並びになった5人の選手が一斉に、マーライオンのように口から水を放射。打った選手はベンチの方を見つめ、やや苦笑いを浮かべていた。

   オリオールズ公式ツイッターは12日、この時の様子について「スプリンクラーがあります」と表現。現地ユーザーからは「最高のお祝いだ」「このチームはロックだな」「大好きだぜ」と高い評価を受けていた。

   一方で日本のユーザーの間では「清潔さ」を気にする声も多く、「絶対日本だとありえん」「日本なら大批判くらう」「日本では今後100年は見ることのないであろう光景」などの指摘が聞かれた。

   オリオールズは今シーズン、ホームランを打った選手にホースで水を飲ませるというセレブレーションも披露している。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中