2024年 6月 18日 (火)

大谷翔平の魔球スイーパー、韓国球界が熱視線 「159.8キロ」2冠投手も興味「まだ試合に使えるレベルにない」

   大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手(28)が武器とする変化球「スイーパー」が韓国球界でも注目を浴びている。複数の韓国メディアが2023年4月17日に報じた。

  • 大谷翔平投手(編集部撮影)
    大谷翔平投手(編集部撮影)
  • 大谷翔平投手(編集部撮影)

「練習しているがまだ試合に使えるレベルではない」

   スイーパーはスライダーの一種でスライダーよりも大きく横に変化する。今年3月に行われたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝戦の9回に大谷が米国代表マイク・トラウト外野手(エンゼルス、31)を三振に仕留めた球として知られる。

   韓国メディア「OSEN」(WEB版)によると、キウム・ヒーローズに所属するアン・ウジン投手(23)がスイーパーに大きな関心を寄せているという。

   アンは国内屈指の速球派だ。4月13日に行われた斗山ベアーズ戦の初回に158.2キロを記録。地元メディアによると、球団のトラックマン(弾道測定機器)では159.8キロを計測し、国内2人目となる160キロ超えを視界にとらえた。昨季は最優秀防御率、最多奪三振の2冠を達成している。

   アンはOSENの取材に対して「試合でスイーパーを投げてみたい。練習しているがまだ試合に使えるレベルではない。スライダーのように横に曲がらなければいけないのに縦に落ちてしまう」などと語った。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中