2024年 3月 4日 (月)

ジャニーズ&博報堂騒動、発言削除された批評家が総括 「典型的な『忖度』」「全体的にしょうもない」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   大手広告代理店「博報堂」が発行する雑誌で、ジャニーズ事務所に関する記述が削除された騒動で、批評家の矢野利裕氏は2023年4月17日、顛末を公表した。

   雑誌では、ジャニー喜多川氏の「セクシュアル・ハラスメントの問題」に矢野氏が言及していたが、博報堂広報の判断で掲載されなかった。

  • ジャニーズ事務所
    ジャニーズ事務所
  • 広告誌面より
    広告誌面より
  • ジャニーズ事務所
  • 広告誌面より

博報堂から謝罪

   3月31日発売の『広告』最新号(Vol.417)では、「ジャニーズは、いかに大衆文化たりうるのか」と題し、社会学者・田島悠来氏と矢野氏の対談記事を掲載した。

   しかし、記事末尾には「本記事は、ビジネスパートナーであるジャニーズ事務所への配慮の観点から、博報堂広報室長の判断により一部表現を削除しています」と記されていた。矢野氏はインターネット上で、ジャニー喜多川氏の「セクシュアル・ハラスメントの問題」が削除されたと打ち明けている。

   博報堂広報室は4月3日、J-CASTニュースの取材に「当社のビジネス上配慮が必要とした原稿に関しては、掲載の可否含め編集長と相談の上、判断をしています」と答え、編集長の小野直紀氏は4日、「広報室長から一部表現の削除要求がありました。編集長としてその場で削除要求の拒否および抗議を行ないました。しかし力およばず、最終的に削除する結果となりました」とコンテンツサイト「note」で記していた。

   矢野氏も17日にnote上で、博報堂から「発言を相談なく勝手に削除したこと」「編集長も削除になった事実を伝え忘れたこと」について謝罪があったと明かした。

   広報室の判断で削除したのは初めてとみられると伝えられ、矢野氏は「典型的な"忖度"と言える」と指摘する。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中