2024年 2月 28日 (水)

DeNAへの苦言が「彼を悪く言う捉え方された」 山崎康晃が海外拡散に困惑...球団も一部メディアに「非常に残念」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   プロ野球・横浜DeNAの山崎康晃投手が5月2日、トレバー・バウアー投手の「刀ポーズ」を一緒にやるよう呼び掛けたDeNA球団に苦言を呈して波紋を広げた騒動で、バウアー選手との関係が良好であることをツイッターで説明した。

   一方、山崎投手は投稿で「僕の発信した内容が意図しない形で海外で受け取られ、僕が彼を悪く言うような捉え方をされてしまいました」と困惑。球団は3日にツイッターで、一部海外メディアが「誤解を招く発信をした」として「非常に残念に思っています」と投稿している。

  • トレバー・バウアー投手(写真:AP/アフロ)
    トレバー・バウアー投手(写真:AP/アフロ)
  • 山崎康晃投手(左)とトレバー・バウアー投手。山崎投手のツイッター(@19Yasuaki)より
    山崎康晃投手(左)とトレバー・バウアー投手。山崎投手のツイッター(@19Yasuaki)より
  • トレバー・バウアー投手(写真:AP/アフロ)
  • 山崎康晃投手(左)とトレバー・バウアー投手。山崎投手のツイッター(@19Yasuaki)より

「今日球団の方とお話しします」

   事の発端は、DeNA公式ツイッターが1日、バウアー投手の動画を添え「奪三振(一部)にあわせて、皆さんと一緒に『#SWORDセレブレーション』!!」と呼び掛けたこと。三振を奪った時に見せる、刀を斜めに振り下ろすような「刀ポーズ」を披露してみせるバウアー選手の動画も投稿していた。

   すると山崎投手がリプライで「公式が煽るな。あほちん。ノーリスペクト。もっと違うやり方ある」と球団に対して苦言を呈した。この「公開苦言」は賛否両論が寄せられ、「Twitterじゃなくて内部で意見交換して欲しかったです」という指摘も寄せられた。山崎投手は2日朝「確かにみんなの言う通り。今日球団の方とお話しします。お騒がせしました」としていた。

   山崎投手の苦言は海を越え、野球情報を扱う一部海外アカウントにより英語でも拡散。ところが、山崎投手が球団に対してではなく、バウアー投手に対して反応したと受け取れる形で伝えられ、日本のファンから「誤解」だとの指摘があがっていた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中