2024年 5月 20日 (月)

DeNAバウアー「17回連続首振り」にネット驚き 投球サイン全く決まらず...「ずっと首振ってて草」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2023年5月3日に行われた広島カープ戦で来日初登板を果たした横浜DeNAのトレバー・バウアー投手のマウンドでの仕草が、ネット上で思わぬ注目を集めている。

   元大リーグ・サイ・ヤング賞獲得投手で、大物助っ人として話題となっていたバウアー投手。本拠地・横浜スタジアムで日本デビューを果たし、7回1失点の投球で来日初登板初先発初勝利となった。

  • バウアー投手(写真:AP/アフロ)
    バウアー投手(写真:AP/アフロ)
  • バウアー投手(写真:AP/アフロ)

「これだけ首振って三振とるのカッコよすぎだろ」

   話題になっているのは、1回表1死からバウアー投手が2番打者・西川龍馬選手を迎え、2ストライクまで追い込んだ場面。バッテリーを務めた伊藤光選手の投球サインに対し、マウンド上で何度も首を横に振り、なかなか投球を行わない一幕があった。

   バウアー投手が首を横に振った回数はなんと17回。しかし、18回目のサインに力強く頷くと、内角高めにカットボールを投げて見せ、見事三振を奪い取った。

   この様子にネット上からは、

「全然決まらなくて草」
「ずっと首振ってて草」
「これだけ首振って三振とるのカッコよすぎだろ」
「自分が満足できる、自信がある球できっちり三振奪う投手の鑑」

という声が集まっていた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中