2024年 4月 14日 (日)

「魔の8回」に連日失点...巨人は「可哀想な状態」「そういう訓練の時間なかった」 江川卓氏が分析

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   プロ野球巨人で投手として活躍した野球解説者の江川卓氏(67)が2023年5月8日にユーチューブチャンネルを更新し、巨人の「魔の8回」を独自に分析した。

   巨人は5月2日から7日までに6試合を行い全ての試合で8回に失点している。5日の中日戦では1点リードの展開で6点を奪われ逆転負けを喫し、第2、第3戦は1-1の同点から1点を献上して連敗。チームは3連敗中でリリーフ陣の立て直しが急務となっている。

  • 巨人・原監督(編集部撮影)
    巨人・原監督(編集部撮影)
  • 巨人・原監督(編集部撮影)

「必ず肩にものすごい張りがくる」

   江川氏は「オープン戦ぐらいから『あなたは7回ねとか、8回やってね』という状態のピッチャーが投げている状態ではないのでしょうね。だから魔の8回なんでしょうけど。本当は魔の8回の前の7回なんでしょうね」と解説し、次のように持論を展開した。

「元々先発を目指している投手たちはなんとなく100球くらいを無難に投げるという投球をしている。それを7回とか8回に限定して20球くらい。ここに自分のベストボールを投げるという習慣がないので1試合か2試合はいくんですよ。ところが7回とか8回の1イニングを投げて1回か2回はいくんですけど必ず(肩に)ものすごい張りがくる。その張りのまま出ていくとボールがいかない」

   さらに「肩の張りのある状態とない状態で同じふうに投げてしまう。しょうがないですよね。経験がないのだから。リリーフ専門の人たちはそこをうまくやるわけですよ。肩の張りがない時はこっちのボールを使い、張りがある時はこっちのボールを多くするとかをやれる。それがセットアッパーの良さであり強み。これが今のジャイアンツのメンバーにない」と分析した。

   江川氏はリリーフ陣の不調の要因のひとつに春季キャンプからの準備不足を挙げ、独自の視点で巨人投手陣の現状に言及した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中