2024年 5月 30日 (木)

韓国に戻った元NPB投手、防御率1.29でリーグトップに 日本では成績低迷も...現地メディアが嘆いた「レベル差」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   韓国プロ野球リーグの斗山ベアーズに所属するラウル・アルカンタラ投手(30)が2023年5月20日に行われたKTウィズ戦に先発し8回1安打無失点の好投で今季5勝目(2敗)を挙げた。8回1死までノーヒットノーランでチームは6-0で完封勝ちした。

  • アルカンタラ投手(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
    アルカンタラ投手(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
  • アルカンタラ投手(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

6試合連続でクオリティスタート達成

   アルカンタラは今季9試合に登板し5勝2敗、防御率1.29を記録している。5月21日時点で防御率はリーグトップで、5勝はリーグ3位タイ。61奪三振はリーグ3位の記録だ。6試合連続でクオリティスタート(QS=6回以上を投げて自責点3以内)を達成しており、抜群の安定感を誇る。

   地元メディア「OSEN」(WEB版)は5月21日、アルカンタラの特集記事を公開。「『防御率4.70→1.29』日本で失敗、Uターン外国人が韓国支配...日韓レベル差はこんなにも大きい」とのタイトルで記事を展開した。

   記事は「認めたくなくても認めなくてはならない」と書き出し、日本で成功を収めなかった外国人投手アルカンタラが3年ぶりにKBOリーグを支配しており、日本と韓国の野球のレベル差が明らかになっていると解説した。

   アルカンタラは大リーグのオークランド・アスレチックスから18年オフに韓国リーグのKTウィズに移籍。20年に斗山ベアーズに移籍しリーグ最多となる20勝を記録した。20年オフに阪神に移籍した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中