「総理、逃げるんですか!」→「一言だけ答えよう、じゃあ」 岸田首相が異例の答弁、3分30秒で何を語ったのか

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   広島市で開かれていた主要7カ国首脳会議(G7サミット)が2023年5月21日に閉幕したことを受けて岸田文雄首相が開いた議長国会見で、記者席から「総理!逃げるんですか!」いった声があがり、一度は離れた演台に戻って会見を再開する場面があった。

   日本の首相が首相官邸で開く記者会見では、打ち切りに対する抗議を受けて追加で質問を受けた事例はあるが、国際会議後の会見では珍しい。

  • 司会者が会見終了を宣言する中、最前列の記者が質問を求めた
    司会者が会見終了を宣言する中、最前列の記者が質問を求めた
  • 「逃げるんですか!」の声を受けて「一言だけ答えよう、じゃあ」と応じる岸田文雄首相
    「逃げるんですか!」の声を受けて「一言だけ答えよう、じゃあ」と応じる岸田文雄首相
  • 記者の質問に応じる岸田文雄首相
    記者の質問に応じる岸田文雄首相
  • 司会者が会見終了を宣言する中、最前列の記者が質問を求めた
  • 「逃げるんですか!」の声を受けて「一言だけ答えよう、じゃあ」と応じる岸田文雄首相
  • 記者の質問に応じる岸田文雄首相

記者の問いかけに応じ、メモなしで答弁

   会見は14時30分から15時にかけて30分間を予定していたが、前の予定が長引いて14時42分にスタート。約23分にわたって冒頭発言し、日本メディアから2問、外交メディアから2問ずつ質問を受けた。この時点で、予定よりも10分長い40分が経過。司会者が終了を告げる中、数人の記者が質問を求めた。

   記者が撮影していた後方のカメラ席からは、最前列の記者が手を挙げて何かの声をあげていることは分かったが、その内容までは聞き取れなかった。首相官邸が公開している動画によると、記者は

「総理、待ってください。核軍縮ビジョンについて聞かせてください。1問だけでいいので。総理!逃げるんですか」

などと声をあげていた。岸田氏は一度は演台を離れ、書類を入れたファイルを秘書官に渡したが、「逃げるんですか」と言われた直後に「一言だけ答えよう、じゃあ」と演台に戻った。

   「核軍縮ビジョンについて答えろという質問でありました」と切り出した答弁では、22年に発表した「核兵器のない世界」に向けた行動計画「ヒロシマ・アクション・プラン」の内容に言及。G7として核軍縮に焦点を当てた初めての独立文書「核軍縮に関するG7首脳広島ビジョン」で、「その(「ヒロシマ・アクション・プラン」の)考え方に基づいて、G7で努力していこう、こういったことを確認した」などと、メモなしで3分30秒ほどかけて説明した。記者は

「(聞き取れず)なんですけども、その点はお聞かせいただけませんか?」

と質問を続けたが、岸田氏はそのまま退出し、記者会見は終了した。

姉妹サイト