2024年 5月 30日 (木)

「え、それも変えなきゃいけないの」 芸歴10年超でコンビ名変更...さまぁ~ず三村が明かした当時の困惑

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   お笑いコンビ「さまぁ~ず」が、2023年5月22日放送の「紙とさまぁ~ず」(テレビ東京系)に出演し、コンビ名を改名する大変さについて明かした。

   さまぁ~ずは、1988年に「バカルディ」として活動を開始。2000年放送のバラエティー番組「新ウンナンの気分は上々。」(TBS系)の企画で、お笑いコンビ「海砂利水魚」(現「くりぃむしちゅー」)とともにコンビ名を強制的に改名し、現在に至る。

  • 三村マサカズさんのツイッター(hentaimimura)より
    三村マサカズさんのツイッター(hentaimimura)より
  • 三村マサカズさんのツイッター(hentaimimura)より

「改名ってめんどくさいんですよ」

   この番組は、ゲストに回答してもらったアンケートをもとに、「さまぁ~ず」の2人が独自の視点でトークする全く新しい「ゲスト不在」のトーク番組。今回の「紙ゲスト」は、ラッパーでバラエティー番組でも活躍している呂布カルマさんだ。

   なかでも注目を集めたのは、呂布さんから投げかけられた質問「お2人はそこそこキャリアを積んでから改名しましたが、あえて今また改名するならどうするか? また、再改名を考えたことはあるか教えてほしいです。自分自身、一生『呂布カルマ』でいくのか少し迷っています」。

   呂布さんの悩みに対し、三村マサカズさんは「(呂布カルマで)いかないの、逆に」と笑い、大竹一樹さんも「迷うことないけどねぇ」と同意する。

   続けて三村さんは、「毎回言ってるけど、改名ってめんどくさいんですよ。手続きというかね、女性のいう(苗字が変わる)結婚問題と似てて。『え、それも変えなきゃいけないの』とか」と、当時テレビ局や駐車場の受付の登録名をめぐり、改名後の名前を伝えず係員ともめた体験談を明かす。

   また、周囲でも「バカルディ」か「さまぁ~ず」のどちらで呼んでいいのか困惑していた人が多くいたようで、大竹さんは「(さまぁ~ずと呼ばれたときに)『さまぁ~ずだよ!』って言うほど思い入れもないから。(バカルディと呼ばれても)『それでもいいし...』みたいな。変な感じになって」と当時を回顧する。

   これらを踏まえて、呂布さんに対し「やめたほうがいいと思います」とメッセージを送るのだった。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中