2024年 5月 25日 (土)

最下位中日に「やり方はそれでいいんですか?」 リーグ最多「失策」に高木豊氏苦言...コーチの責任言及

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   プロ野球横浜ベイスターズ、日本ハムでプレーした野球解説者の高木豊氏(64)が2023年5月23日にユーチューブを更新し、リーグ最下位に沈む中日に言及した。開幕から低迷が続く中日は5月に入っても調子が上がらず13日から7連敗。23日の広島戦で連敗をストップしたものの23日時点で「13」の借金を抱えている。

  • 中日・立浪監督(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    中日・立浪監督(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 中日・立浪監督(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

「イージーミスが多すぎる」

   今季はここまでチーム防御率(2.94)はリーグ2位につけるもチーム打率(.239)はリーグ5位。108得点はリーグワーストで得点力不足を露呈している。32失策もリーグワーストで攻守にわたり精彩を欠いている。

   リーグ唯一の勝率3割台で5位ヤクルトに3.5ゲーム差をつけられての最下位。高木氏は「選手とコーチが寝食共にするくらいじゃないとチームは救えない」と厳しい論調で指摘し、「それぐらい面倒を見てあげるとか、そのぐらい気持ちに入っていくというか生活に入っていく」と語った。

   そしてリーグワーストの失策に言及。「エラーが多すぎる。イージーミスが多すぎる」とし、「これは練習をするしかない。1つ(エラーを)やりだしてみんながポロポロやりだしたら『別にみんなやってるから怖くない』になってしまう」と解説し、自身のコーチ時代の経験をもとに持論を展開した。

   高木氏は現役引退後の01年に横浜のコーチに就任。04年アテネ五輪では日本代表の内野守備・走塁コーチを務め、12年にはDeNAでコーチを務めた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中