2024年 2月 25日 (日)

衝撃の事実!?「プチトマト」すでに終売&実は品種名だった 販売元が紐解くトマトの歴史

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   お弁当やサラダの具でおなじみの「プチトマト」が2007年に販売終了していた、という情報がツイッターで拡散されて衝撃が広がっている。実は品種名だが、そのように認識していなかったという声すら出ている。

   一般に、小粒のトマト全般をプチトマトと呼称する人は少なくない。発売元の種苗会社は取材に、「親しまれている言葉をそのまま使われたら良いと思います」と受け止めを伝えた。

  • 写真提供:タキイ種苗
    写真提供:タキイ種苗
  • 写真提供:タキイ種苗
    写真提供:タキイ種苗
  • 写真提供:タキイ種苗
    写真提供:タキイ種苗
  • 写真提供:タキイ種苗
    写真提供:タキイ種苗
  • 写真提供:タキイ種苗
  • 写真提供:タキイ種苗
  • 写真提供:タキイ種苗
  • 写真提供:タキイ種苗

「品種名であり、タネの商品名」

   ツイッターでは2023年5月下旬、「プチトマト」が品種名かつ販売終了していた旨を伝える投稿があり、大きく拡散される事態となった。「知らなかった!」「そんなに前に終わっていたなんて」などと驚きが広がっている。

   J-CASTニュースが取材したところ、「『プチトマト』は、品種名であり、タネの商品名です」と、発売元にあたるタキイ種苗(京都市)の広報が26日に答えた。同社は種の品種開発などを手がける。

   約50年前の話で詳細は不明としつつ、ミニトマト「プチ」の種を1975年から2007年まで販売していたと説明する。

   一方、販売終了から時が経った現在でも、小粒のトマト全般をプチトマトと呼ぶ人は少なくない。先のツイートには「品種名じゃなくて一般名か俗称だと思ってた......」といった反応も寄せられている。

   広報は、そもそもフランス語に「プチ」(小さい)という単語があり、商品名を示すだけではないとし、「親しまれている言葉をそのまま使われたら良いと思います」と受け止めを伝えた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中