2024年 6月 19日 (水)

巨人トレード「第3弾」の可能性は? 元コーチが候補に挙げた「スーパーサブ的なベンチ要員」

   プロ野球の巨人とロッテが2023年7月3日、巨人・石川慎吾外野手(30)とロッテ小沼健太投手(25)の交換トレードを発表した。巨人は5月に廣岡大志内野手(26)との交換トレードでオリックスから鈴木康平投手(29)を獲得し、7月1日に前ナショナルズ傘下3Aロチェスターのアルベルト・バルドナード投手(30)を獲得した。

  • 巨人・原監督(編集部撮影)
    巨人・原監督(編集部撮影)
  • 巨人・原監督(編集部撮影)

「野手は戦力がだぶついている」

   逆転優勝に向けて次々と投手力強化を図る原巨人。7月末までの期間内にトレード第3弾は実現するのか。J-CASTニュースは、巨人で戦略コーチを務めた橋上秀樹氏(57)に分析してもらった。

   ロッテに移籍した石川は、東大阪大柏原高から11年ドラフトで日本ハムから3位指名を受け入団。16年オフに日本ハムと巨人の2対2の交換トレードで巨人に移籍した。7年目の今季は1軍の出場はなく2軍暮らしが続いていた。

   巨人の外野は新加入のオコエ瑠偉(25)やプロ3年目・秋広優人(20)の台頭に加え、梶谷隆幸(34)、ルイス・ブリンソン(29)、アダム・ウォーカ(31)らが熾烈なレギュラー争いを繰り広げており、出場機会のない石川は厳しい状況に置かれていた。

   一方、巨人に加入した小沼は独立リーグを経て20年育成ドラフト2位でロッテに入団。22年は21試合に登板して1勝1敗1ホールドを記録し、今季はここまで4試合に登板して防御率9.00だった。

   橋上氏は「本来ならば投手同様に野手のテコ入れをしたいのでしょうが、野手に関しては戦力がだぶついているので少しずつ減らしていかないと厳しい。前回のトレードに続いて今回も野手と投手という形になった。本来ならば打てる野手もほしいのでしょうが枠的にいっぱいなので厳しいのだと思います」と分析した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中