2024年 6月 17日 (月)

現役警察官をブチギレさせた、東山新社長の発言 「もう『は?』って感じ」「開いた口が塞がらなかった」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   米ロサンゼルスで現役警察官として働き、YouTubeやSNSでも発信を続けるYURI(永田有理)さんが2023年9月7日に公開した動画で、故ジャニー喜多川氏によるタレントへの性加害問題をめぐるジャニーズ事務所の会見での東山紀之新社長の一部発言に激怒した。

  • 記者会見に登壇した井ノ原快彦さん、東山紀之さん、藤島ジュリー景子前社長、木目田裕さん
    記者会見に登壇した井ノ原快彦さん、東山紀之さん、藤島ジュリー景子前社長、木目田裕さん
  • 記者会見に登壇した井ノ原快彦さん、東山紀之さん、藤島ジュリー景子前社長、木目田裕さん

「ちょっとおかしいなと思うところが多々あったので......」

   YURIさんは「実録LA初 日本人女性警察官」の著書があり、複数のメディア出演経験もある。

   ジャニーズ事務所が7日、喜多川前社長による性加害問題への「外部専門家による再発防止特別チーム」の提言を受け、都内で会見を開いたことを受け、YURIさんは同日「ジャ◯ーズ事務所本当に反省してるのか?」との動画を公開した。

   YURIさんは、東山氏に関する過去の報道などを調べたところ、「被害者側からしてみたら、加害者側の人間だ」と感じたという。

   東山氏をめぐっては、過去のハラスメント疑惑が取りざたされている。YURIさんはこうした行動について「やっぱりジャニーズJr.の方のイメージでは、東山さんっていうのは、ジャニーさん(側)についてる方、みたいな」とし、記者会見での応答にも違和感を覚えたとした。

「今日、『お前もなんかしてたんじゃないのか』っていうようなことを記者会見で聞かれた時に、『記憶が思い出せない』と。記憶がなくって『あったかもしれないけど、なかったかもしれない』みたいな。もう、『は?』って感じじゃないですか」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中