芸能人のPTA役員体験悲喜こもごも 北斗晶、千秋、菊池桃子、和泉元彌...

印刷

   わが子の新入学・進級シーズンの到来とともにママを憂うつにさせるPTAの役員選び。それは芸能人といえども例外ではない。

   仕事との両立に加え、有名人ならでは苦労もあるようだ。一方、PTAで最も大変な会長職を務めて改革に取り組んでいる人もいる。

  • 桜の季節はママに憂うつなPTAシーズン
    桜の季節はママに憂うつなPTAシーズン

宮川一朗太PTA会長は「キレイごとすぎる」?

   俳優の宮川一朗太さんは自分のブログ「一朗太の撮影日記」の中でも、折にふれて小学校の子どものPTA会長を3年間務めたことを公言している。2017年2月16日放送のフジテレビ系「バイキング」では、女性向けサイト「発言小町」の「#PTA辞めたの私だ」で話題となった学校のPTA問題を取り上げ、ゲストに宮川一朗太さんを招いて議論した。その時の宮川の発言が、「キレイごとすぎる」とネット上で批判を浴びた。

   ネットの情報メディア「しらべえ」(2017年2月16日付)では番組の模様とネットユーザーの反発をこう紹介している。

「PTAをめぐっては問題が山積している。そこで、経験豊富な宮川の意見が求められたのだが、コーナーの冒頭から『PTAやってみてください。楽しいですよ!』と、PTAに前向きな姿勢を示す宮川。自身がPTA会長を務めることになった経緯については『最初は騙されて会長になったんですよ』と冗談まじりに話した。番組では、実際にPTA活動をしている方々から『PTAは究極のボランティア』『非会員の人からお金を徴収してパートみたいにすれば?』という意見が。それらに対し宮川は『頑張っている親の姿を見せるのも子どものため』とコメント」

   「さらに、『保護者同士の集まりは、特に人間関係が難しい』という問題について『それは運。諦めてください』と一刀両断。そんな宮川発言に対して、ネットでは『キレイごとすぎ』と批判が相次いだ」として、次のツイートを紹介している。

「宮川一朗太さん、案の定一発目からキレイ事でヘドが出る。イラつく。そんなん、現実無理なんだよ。気持ちで乗り越えるんじゃなくて、ホント坂上忍さんの言うようにシステムから変えてけよ。個々の気持ちで補わなきゃいけないPTAってなんなんだよ」
「子供が見ているのは親と過ごした時間。PTAで頑張っている姿なんて記憶にも心にも残りません」
注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中