西武・森慎二コーチ急死の原因「溶連菌」 「劇症型」の感染症は数十時間で命を奪う

印刷

   プロ野球、埼玉西武ライオンズの森慎二コーチが、42歳の若さで急死した。亡くなる3日前までチームに帯同しており、あまりにも突然の訃報に衝撃が広がった。

   当初、メディアは「多臓器不全により死去」と報じていたが、東京スポーツが森コーチの父親の話として「溶連菌の感染による敗血症」が死因と伝えた。

  • 2015年からコーチとして活躍していた(写真は埼玉西武ライオンズ公式サイトより)
    2015年からコーチとして活躍していた(写真は埼玉西武ライオンズ公式サイトより)

通常は咽頭炎や扁桃炎を起こす病原体だが

   森コーチが体調不良を訴えたのは、2017年6月25日。そのまま福岡市内の病院に入院し、27日にはチームから休養が発表されたが、翌28日に亡くなった。西武の辻発彦監督は6月29日付のサンケイスポーツに「(体調が)悪いのは知っていたけど、俺しか知らなかった」とコメントしており、森コーチが無理をしていたかもしれないが、それにしても急すぎる。

   7月4日付の東スポ電子版に、森コーチの父親が「本人の死因に関しては、毒性の強い溶連菌の感染による敗血症でした」と明かしている。明確な死因については球団も発表しておらず、今のところこの報道だけだ。

   シオノギ製薬のウェブサイトに、溶連菌の詳しい説明がある。正式名称は「溶血性連鎖球菌」で、「一般にはA群溶血性連鎖球菌(A群β溶血性連鎖球菌)による感染症を溶連菌感染症として理解されているといってもよい」という。主に咽頭炎や扁桃炎といった、のどに感染する病原体だ。国立感染症研究所や東京都感染症情報センターによると、A群溶血性連鎖球菌咽頭炎の場合、例年7月、つまり今の時期がピークで、学童期の子どもに最も多くみられる。2~5日の潜伏期を経て突然発熱し、全身の倦怠感や咽頭痛により発症、しばしばおう吐を伴う。まれに重症化し、全身に赤い発疹が現れる「猩紅熱(しょうこうねつ)」になることがある。ただし通常、熱は3~5日以内に下がり、1週間以内に症状は治まる。

   ところがA群溶血性連鎖球菌は、別の病気を引き起こすことがある。「劇症型溶血性連鎖球菌感染症」と呼ばれ、日本では毎年100~200人の患者が確認されているが、「このうち約30%が死亡しており、きわめて致死率の高い感染症」(国立感染症研究所)なのだ。しかも突如発病し、数十時間以内に死に至ることがあるから、恐ろしい。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中