デリケートゾーン脱毛で4人に1人ケガ 初の全米調査でアブナイ実態が浮き彫り

印刷

   欧米ではデリケートゾーンの脱毛が一般的になっている。特に米国では成人男女の8割近くがツルツル状態といわれるが、4人に1人が脱毛ケアでケガをしていることが米カルフォルニア大学らの初の全米調査でわかった。

   調査報告は米医師会誌「JAMA皮膚科学」(電子版)の2017年8月16日号に発表された。

  • 脱毛のしすぎには気をつけて
    脱毛のしすぎには気をつけて

女性の85%、男性の67%がツルツルにしている

   同誌の論文によると、脱毛ケアによる傷害事故が近年増えているため、研究チームは、国民の多くがどういう方法で脱毛を行ない、ケガにつながっているか、脱毛ケアの実態を調べた。地域・人種・階層など米国民を代表する18~65歳の男女1万4409人を選び、脱毛ケアの方法やケガの経験についてインターネットでアンケート調査を行った。約半数の7570人(男性4198人・女性3372人)から回答を得た。

   その結果、全体の76%(女性85%・男性67%)が脱毛しており、26%がケガをした経験があった。ケガをした割合は女性が27%、男性が24%と女性の方が少し多かった。そのほか具体的な調査結果は次のとおりだ(複数回答)。

   (1)いつも自分で脱毛する人は94%で、パートナーや友人にしてもらうことがある人が13%だった。

   (2)脱毛する時の姿勢は、立位75%、座位22%、かがむ13%、仰向けになる12%だった。

   (4)脱毛に使う道具は、カミソリ48%、電気カミソリ27%、ハサミ18%、ワックス3%、レーザーなど1%だった。

   (5)ケガの内容は、切り傷が一番多く61%、ヤケド23%、発疹12%、感染症9%だった。ケガの場所は、男性では陰嚢(いんのう)、ペニス、恥骨部分、内腿の順に多く、女性に比べ、広範囲なのが特徴だ。一方、女性では膣、会陰部に限られた。ケガをした人のうち6%が医療機関で外科手術をしたり、抗生物質を投与したりする重症だった。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中