超一流美容師とモデルに学ぶヘアケア シャンプー前の「予洗い」に秘訣が

印刷

【美と若さの新常識】(NHKBSプレミアム)2017年9月6日放送
秘策あり! 美しき髪の秘密!

   「切れ毛」「抜け毛」「薄毛」「細毛」、そして「うねり」でまとまらない......。女性の髪の悩みは尽きないが、それは、日頃の間違った手入れが原因になっているかもしれない。最近、美髪研究が急速に進み、従来のケアの仕方とは違う正しい対策が明らかになってきた。

   中でも恐ろしいのが20代の女性でも起こる、髪内部のダメージ「空洞化」だ。それを防いで美しい髪にするにはどうしたらよいか。毛髪の研究者、超一流の美容師、モデルたちがプロのテクニックを惜しみなく伝授する。

  • 髪の毛のケアは頭皮を軟らかく
    髪の毛のケアは頭皮を軟らかく

20代女子の多くが間違ったケアで髪が「空洞化」

   番組では冒頭、恐ろしい映像を見せた。女性の髪の毛の超拡大写真だ。髪の毛の中央に白い線が走っている。チクワのように中が空洞化してスカスカになった髪だ。髪の毛の中の様子を見ることができる機器を使って、街頭の女性の髪の毛をチェックすると、30~40代の女性はもちろん、20代の女性でもかなり多くの人の髪の毛が空洞化していた。

   空洞化はなぜ起こるのか。髪の毛の構造は3つの層に分かれており、一番外側に髪を守る「キューティクル」と呼ばれる組織がある。キューティクルは、うろこ状の細胞がぎっしりと敷き詰められているが、間違ったシャンプーのやり方や髪の乾かし方を続けているうちにダメージを受け、表面がはがれ落ちる。すると、そのすき間から中の成分が流れ出し、芯の部分が空洞化するのだ。

   空洞化が進むと髪のハリやコシが失われ、切れ毛が増え、ツヤも失われる。美しい髪になるために、よかれと思ってやっているケアが、仇(あだ)となるわけだ。髪の悩みを研究している順天堂大学先任准教授の植木理恵さんはこう説明する。

植木准教授「空洞化は治すことができません。髪の毛自体は、ケラチンというたんぱく質の一種で、1回傷んでしまうと修復できないのです。ただ、ケアをしっかり行ない、根元からキレイな髪を作れば、いずれ髪の毛全体が回復します。空洞化は、意識して触ってみるとわかります。ハリコシがなくなったり、うねりが出やすくなったりすると、空洞化が進んでいます」
注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中