「あおり運転」危険ドライバー 対処はどうしたらいいか

印刷

   東名高速道路で2017年6月、男が運転する車が1台のワゴン車に対して進路妨害を繰り返し、追い越し車線に無理やり停車させたことで死亡事故を招いたとされる一件が、注目を集めている。

   逮捕された石橋和歩容疑者(25)は、この事件の前にも別の場所で3台の車の進路を妨害する行為をしていたと報じられた。わざと危険な運転をするドライバーの心理とは、何なのか。

  • 危険ドライバーに絡まれたら災難(写真と本文は関係ありません)
    危険ドライバーに絡まれたら災難(写真と本文は関係ありません)

同じ常識を持った人じゃない「危険物」のつもりで

   石橋容疑者は東名高速のパーキングエリアで、ワゴン車を運転する夫婦から迷惑駐車を注意されたことに腹を立て、高速道でワゴン車を追跡。極端な接近や割り込みといった危険行為の末に夫婦を追い越し車線に停車させ、無理に車から下ろそうとした際に後ろから大型トラックが追突、夫婦が死亡した。

   逮捕前、石橋容疑者は注意されて「カチンときた」という趣旨の話をしていた。だがこれだけで暴走を繰り返し、極めて危険な「追い越し車線での停止」を強要するのは、常識では考えられない。

   ただ他の車をあおったり、強引に割り込んだり、無理な幅寄せをしたりという危険行為はしばしば見られる。2017年10月13日放送の「ひるおび!」(TBS系)では、実際にドライブレコーダーに記録された事例を見ながら対処法を話し合った。

   「交通事故鑑定ラプター」所長の中島博史氏は、危険ドライバーに絡まれたら「とにかく離れる」と強調。こうした相手は「自分と同じ常識を持った人じゃない、『危険物』のようなつもりで」考えた方がよいと話す。

   交通裁判を多く手掛ける弁護士の高山俊吉氏は、「どうしてあおるか」というドライバーの心理を探った。基本は他の車に対する「お前、ジャマだ、どけ」という傲慢さ。こうした態度は癪に障るが、対抗しようとすると大きな事故につながりかねない。放っておくのが無難だ。ところが高山氏は、相手にされないと余計に嫌がらせをしてくる場合もあるというから、厄介だ。さらに、自分が相手の気分を害した覚えが全くなくても勝手に絡んでくる理不尽なケースもあるという。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中